LCCで初歩的ミスが相次ぐワケ

ジェットスター、エアアジアで検査漏れが判明

急ごしらえで生じた歪み

初歩的なミスがなぜなくならないのか。その要因として、ジェットスターの拙速ともいえる事業展開が関係している可能性がある。同社は当初、12年12月までの就航を予定していたが、同じ成田空港を拠点とするエアアジアが同年8月に就航すると発表したことを受け、7月に繰り上げてスタートした。だが、成田空港の渋滞や夜間の門限、天候不順など予期せぬ要素に攪乱され、就航後の約5カ月で75回もの欠航を起こした。

機材の拡大戦略も急激だった。今年中に20機体制(昨年12月時点で7機)を構築する計画だが、これはほかのLCCに比べてもかなりのハイペース。格安航空会社の草分けであるスカイマークが20機体制にするまでに10年の歳月がかかったことを考えても、ジェットスターの規模拡張がいかに急であるかがわかる。昨年、今年の厳重注意案件との因果関係は定かではないが、こうした拡大戦略が度重なるミスの遠因となった可能性はゼロではなさそうだ。

厳重注意に至った状況を説明する、鈴木社長(中央)らジェットスター・ジャパン幹部

もっとも、収益化に向けて機材数の増加は避けて通れない。本社費用など固定費を吸収するために、LCCの黒字化には最低でも10機程度の機材が必要とされ、機材数が増えるほど採算は向上していく。一定規模の単一機材(同一の機種)をいかに多頻度運航して有効活用できるかが、LCCを運営していく上での肝だ。

ただ、事業としての採算性と、定時性や安全性を両立することは、運賃を2~3倍高く取れる大手航空会社に比べてはるかに難しい。その高いハードルを越えなければならないのは、ジェットスターに限ったことではなく、LCCに共通する課題だ。そうした環境下で、整備部門に対して十分な人員の手当てができていたのか、疑問の余地は残る。ジェットスター・ジャパンの鈴木みゆき社長は、「独自の体制、プロセスが充実していないことが課題」と語った。自浄作用がどこまで働くか、LCCは正念場を迎えている。

(撮影:今井 康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。