米企業評判調査、アマゾンが3年連続で首位に

アップルとグーグルが後退

 3月13日、米世論調査機関ハリス・ポールがに発表した企業評判指数調査で、アマゾン・ドット・コムが3年連続で首位に立った。写真は同社のロゴ。都内で2016年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[13日 ロイター] - 米世論調査機関ハリス・ポールが13日に発表した企業評判指数調査で、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が3年連続で首位に立った。電気自動車(EV)のテスラ<TSLA.O>も順位を上げたが、アップル<AAPL.O>とアルファベット傘下のグーグル<GOOGL.O>は順位を下げた。

アマゾンは、2位に後退した15年を除き、合わせて5年間、首位の座を確保した。

ハリス・ポールのジョン・ジョージマ最高経営責任者(CEO)はロイターのインタビューで、アマゾンがホールフーズを買収するなど消費者の生活により深く入り込む事業展開を行っていることが理由だろうと述べた。

テスラは、前回の9位から3位に浮上。米宇宙開発ベンチャー企業スペースXの新型ロケットにスポーツカー「ロードスター」が積み込まれたことが理由だという。

一方で、アップルは前回の5位から29位に、グーグルは8位から28位にそれぞれ後退した。

ジョージマCEOは、アップルとグーグルが順位を下げたのは、両社がこのところ人々の目を引く製品を投入していないからだと分析。「自動運転車はまだそれほど身近ではないし、両社がやろうとしている人工知能を利用した製品もまだ目にしていない」と述べた。

最下位は、欠陥エアバッグ部品問題で経営破綻した民事再生手続き中のタカタ<TKTDQ.PK>だった。

調査は米国の成人2万5800人を対象に昨年12月11日から今年1月12日にかけて「もっとも目立つ」企業をたずねた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。