米企業評判調査、アマゾンが3年連続で首位に

アップルとグーグルが後退

 3月13日、米世論調査機関ハリス・ポールがに発表した企業評判指数調査で、アマゾン・ドット・コムが3年連続で首位に立った。写真は同社のロゴ。都内で2016年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[13日 ロイター] - 米世論調査機関ハリス・ポールが13日に発表した企業評判指数調査で、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が3年連続で首位に立った。電気自動車(EV)のテスラ<TSLA.O>も順位を上げたが、アップル<AAPL.O>とアルファベット傘下のグーグル<GOOGL.O>は順位を下げた。

アマゾンは、2位に後退した15年を除き、合わせて5年間、首位の座を確保した。

ハリス・ポールのジョン・ジョージマ最高経営責任者(CEO)はロイターのインタビューで、アマゾンがホールフーズを買収するなど消費者の生活により深く入り込む事業展開を行っていることが理由だろうと述べた。

テスラは、前回の9位から3位に浮上。米宇宙開発ベンチャー企業スペースXの新型ロケットにスポーツカー「ロードスター」が積み込まれたことが理由だという。

一方で、アップルは前回の5位から29位に、グーグルは8位から28位にそれぞれ後退した。

ジョージマCEOは、アップルとグーグルが順位を下げたのは、両社がこのところ人々の目を引く製品を投入していないからだと分析。「自動運転車はまだそれほど身近ではないし、両社がやろうとしている人工知能を利用した製品もまだ目にしていない」と述べた。

最下位は、欠陥エアバッグ部品問題で経営破綻した民事再生手続き中のタカタ<TKTDQ.PK>だった。

調査は米国の成人2万5800人を対象に昨年12月11日から今年1月12日にかけて「もっとも目立つ」企業をたずねた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。