女子大生のカワイイ「BONSAI」が人気のワケ

香川の盆栽ガールズたちが広める

「盆栽は鑑賞用で、めっちゃ大きい、高いというイメージでしたが、初めて盆栽教室に参加した時に、小さい苗が並んでいて、(私でも)『入っていい世界なんだ』と思いました」と振り返る。「育てていると愛着がわきますし、何年も楽しめるのがうれしいです」

インテリアにもなるこけ玉。女子大生ならではのカワイイ飾り方だ(写真:「Bonsai☆Girls Project」のフェイスブックより)

他にも、お気に入りの男性アイドルが盆栽好きなことから「彼と同じように盆栽を鑑賞できるようになりたい」という理由で加入したメンバーもいるそうだ。

女子大生の目から見た盆栽の魅力とは何だろうか。首藤さんは「以前はとっつきにくいイメージだったのですが、実際に育ててみると、普通の生活にもなじんで、それが魅力だと感じています」と話す。

「実は、幻のCDがあるのです」

古川教授が、結成当時の秘話を明かしてくれた。ゼミ生が作詞、作曲をしたオリジナル曲を、初代メンバー4人が歌って録音したが、総合的なクオリティーを勘案した結果、“お蔵入り”となったのだ。

「今となっては(“お蔵入り”になって)良かった。結果、まじめに盆栽に取り組むことによって道が開けたと感じています。学生たちには、地域の皆さんとかかわりながら、いろいろな経験をしてほしい」(古川教授)

ヨーロッパなどでは、アートとしての「BONSAI」が人気

香川県によると、生産者の高齢化や後継者不足で、盆栽の生産量は減少傾向にある。国内消費が伸び悩む一方、ヨーロッパなどでは、アートとしての「BONSAI」が人気だ。「技術を教えてほしい」と高松市内の盆栽職人のもとを訪れ、数週間から数カ月かけて学ぶ外国人もいるという。

学生たちの熱のこもった活動は功を奏し、地元企業のイベントにも参加するなど、盆栽の輪は着実に広がっている。今後は、盆栽の魅力や産地、生産者の紹介などの動画配信にも力を入れていくつもりだ。「認知度ももっと向上させたいし、若者へのアピールも考えていきたい」(首藤さん)

堅苦しいイメージを和らげ、もっと身近で、カワイイ「BONSAI」へ。女子大生たちの奮闘は続く。

(ライター:南文枝)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT