トランプ米大統領、5月までに金委員長と会談

<速報>核実験やミサイル発射を控えるとも

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長(左)とドナルド・トランプ米大統領は会談を行う見通しとなった(写真:REUTERS/KCNA handout via Reuters/File Photo & REUTERS/Lucas Jackson/File Photo)

米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の指導者である金正恩・朝鮮労働党委員長は5月までに会談を行う見通しだ。また、金委員長は核実験やミサイル発射を控えると約束したという。

米国時間の3月8日夜、ワシントンのホワイトハウスの西ウイングで行った記者会見で記者団に対してそのように説明したのは、鄭義溶・韓国大統領府国家安保室長。「金委員長は、北朝鮮が核実験やミサイル実験を控えることを約束した。トランプ大統領は5月までには金正恩に会うと言った」。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT