ホンダCMが「宗一郎少年」の夢を体現したワケ 2月後期作品別CM好感度ランキング上位30

拡大
縮小

そういった視点でもHondaJetは存在そのものがホンダならではのオリジナリティーを持っており、こうした製品を中心とした企業ブランディングは同社の十八番だと言えよう。

なかでも思い起こされるのは「Do you have a HONDA?」をコピーとした1999年開始の一連の企業CMだ。ザ・ハイロウズの『日曜日よりの使者』をBGMに、地下鉄の出口から『ASIMO』の前身となる自立歩行人間型ロボット『P-3』が現れる。この曲は2005年まで採用され、「この曲を聴けばホンダを思い出す」と言えるくらい、強く同社と結びついていた。

題材としてはロボットや自動車だけにとどまらず、ぬかるみにはまるモトクロスバイクや女子高生からの声援を浴びながら耕耘機を動かす男性などバリエーションに富んだ。さらに2007年には「Hondaの音がする。」「世界が生きている。」をコピーに自動車やジェット機、除雪機といった同社製品のエンジン音などをリレー式につなぎ、ベートーベンの『歓喜の歌』を奏でたCMでも好評を博した。

そのほかにもASIMOがダイナーで配膳や空いた食器の回収をするもの、さらにはケーブルカーに乗り遅れてしまうものなど、これまでにヒットした同社の企業広告は“ものづくり”の本質を追求し続ける企業らしく、シンプルに製品を中心に据えた表現が多い。

「Go,Vantage Point.」に込められた意味

「二輪・四輪・パワープロダクツといったさまざまな製品を通じて、単なる移動手段ではなく、自由で楽しい移動の提供を目指す」という企業姿勢・DNAをCMからもうかがい知ることができる。長年にわたって人間尊重・人間研究を続けてきたモビリティ企業だからこそ、今、「Go,Vantage Point.」というメッセージを発信するに至ったのだという。

1917(大正6)年、静岡県浜松市で開催されたアクロバット飛行ショー。当時10歳だった本田宗一郎少年を強く突き動かした飛行機への夢はホンダ創業当初からの悲願となり、ついにHondaJetを世界一の座に導いた。

まさに「夢を追い続ける力」の象徴というべきこのCMを本田宗一郎氏が目にしたならば、どのように感じるのだろう。そんなことを考えると、ホンダが掲げる「The Power of Dreams」という言葉が胸に突き刺さる。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT