ホンダCMが「宗一郎少年」の夢を体現したワケ

2月後期作品別CM好感度ランキング上位30

CM単体としてYouTubeの視聴回数はホンダCMの最多を更新。2000万回に届く勢いだ(配信日時点)
あなたのお気に入りCMは、何位にランクインしているだろうか?
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2018年2月後期(2018年2月5日~ 2018年2月19日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

街中に小型ジェット!? HondaJetのCMがヒット

アメリカの街角、渋滞する交差点に突如現れた小型ジェット機。踊りながらテンポ良く交通整理をしていた警官同様に驚かされた視聴者も多かったのではないだろうか。これは2017年小型ジェット機カテゴリの年間デリバリー数で世界トップに輝くという快挙を成し遂げた『HondaJet』をテーマにした企業CMだ。

KDDI『au』を筆頭に人気タレントが登場する定番シリーズが上位に並ぶ中、2月後期に放送された全3018作品の中でCM好感度トップ30にランクインした。

CMは「Go,Vantage Point.」と題してホンダが昨年7月より展開していた施策の第2弾として2月1日に開始。同社広報部によると「多様化する世の中の価値観を理解するためには相手側に立って相手の想いを想像することが必要。そのためには新しい視点を手に入れられる“見晴らしのいい場所=Vantage Point”へ自分を連れ出すことが大切なのではないか」とのメッセージを込めているという。

次ページ第1弾CMとの違いは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT