知らないとヤバイ!年金の「基本中の基本」

若い人ほど「年金の重要性」をわかっていない

たとえば、万が一、交通事故で大きな障害を負ったとしましょう。仮に障害1級の認定を受けると、老齢基礎年金満額の1.25倍の障害年金が国から保障されます。計算しやすいように老齢基礎年金満額を仮に80万円とするとその1.25倍ですから、年約100万円が障害基礎年金の金額となります。

夫が、幼い子供2人を残して亡くなったら?

遺族年金も然りです。国民年金を財源とした遺族基礎年金は、遺された子供に対して支給されます。国の保障の対象となる子供とは、18歳の年度末までを言います(障害を持っている子供の場合は、20歳までが対象)。

金額は子供の人数によって異なります。たとえば、夫が亡くなったときに5歳、3歳の2人の子供を遺された妻には、年間約120万円の遺族年金が支給されます(正確には遺族基礎年金77万9300円+第1子、第2子の加算が各22万4300円と計算する)。

この金額は、上の子供が18歳の年度末を過ぎると、対象となる子供は1人となるので、年金は約100万円となります。それでもこのケースであれば、末子(2番目の子供)が高校を卒業するまでの間に、合計1760万円もの保障が得られることになります。

先ほど老齢年金の受給要件は10年とお伝えしましたが、障害年金と遺族年金は発生時点(障害年金なら初診日、遺族年金なら死亡日)までの、保険料納付要件が問われます。まず、「本来保険料を納めなければならなかった加入期間」において、3分の2以上保険料を納めていることです。仮に30歳の人なら、20歳から120カ月の年金加入期間がありますから、そのうちの3分の2、すなわち80カ月以上の保険料納付済期間が必要です。この期間には、前述した免除期間も含まれます。

もしこの受給要件を満たさなければ、障害年金も遺族年金も1円も受け取れません。3分の2というのは結構な期間です。転職が多かったり、仕事がうまくいかない期間があったりすると、少しずつ未納の期間が重なってしまい、万が一のときに年金を受けられない人も多いのです。

そういう人たちの救済措置として、「発生日の属する月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと」という特例があります。もし、うっかり保険料の未納をしてしまったという人は、過去2年分であれば遡って保険料を納めることができます。また2018年9月までと期間は限られていますが、現在は「後納」といって、5年分の保険料を払い込むこともできます。

次ページ「年金」は、それなりによくできている
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。