「年金は70歳から」と決めると計算が楽になる

「老後に必要なおカネ」を簡単に考える方法

老後におカネはいくら必要なのか。「年金を70歳からもらう」と決めると、おカネの計算がすっきりする(写真:xiangtao / PIXTA)

読者の皆さんは、年金を何歳から受け取るつもりでいますか? 60歳でしょうか? それとも65歳? 70歳でしょうか。若い読者なら「そんなこと、決めていない!」と言われるかもしれませんが、年金の話は老後を考えるうえでも、とても大事です。若い読者の方も「アラフィフ」読者の方も、ぜひお読みください。

年金の繰り下げ年齢が「70歳まで」から「75歳まで」に?

「高齢社会対策大綱」をご存じですか。これは政府が「中長期的な高齢社会対策の指針」として1996年に最初の大綱を策定したもので、見直しを経つつ現在は「2012年に閣議決定した分」のさらなる改定に向けて、動いているところです。

最新分では、何が見直されようとしているのでしょうか。簡単に言えば、「老齢年金の受給開始年齢をさらに引き下げようかという案」がいよいよ検討に入ったようです。現在、年金の受給開始年齢は65歳です。これを、本人の希望により65歳より前に受け取ることを「繰り上げ」、65歳以降に受け取りを開始することを「繰り下げ」と呼んでいます。現状、年金の繰り上げは60歳、繰り下げは70歳まで可能ですが、これからは、繰り下げについては75歳まで可能としようということも選択肢になってきそうです。

このような報道をそのまま受け取ると、「年金がもらえなくなるのか!」との批判になってしまいかねませんが、「人生100年時代」、これからは長生きに備える生活設計を考えると、むしろ繰り下げを前提として老後を考えるほうが、理にかなっているかもしれません。

まずは、最初に年金の繰り上げ、繰り下げについておさらいをしていきましょう。

年金を65歳からもらわず、繰り上げをすると年金額は減額されます。1カ月当たり0.5%年金額が減ってしまいますから、60歳まで5年間の繰り上げをすると年金の減額率は0.5%×60カ月=30%となります。この減額率は、生涯変わることがありません。

次ページ現状は、70歳に年金開始にすると通常の42%増し
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?