ヤフー、「価格破壊」でネット通販天下取りへ

出店費用無料化の激震。宿敵・楽天はどう動くか

こうした大改革の旗振り役を担うのは、宮坂学社長兼CEOと執行役員ショッピングカンパニー長の小澤隆生氏、執行役員ヤフオク!カンパニー長の坂本孝治氏の3名だ。宮坂氏自身、2009年4月から現在のCEO職に就く直前の2012年3月末までコンシューマー事業統括本部長を務めていたため、ネット通販事業に関する思い入れは人一倍強い(社長就任は2012年6月、コンシューマー事業カンパニーは7月1日にショッピングカンパニーとヤフオク!カンパニーに分割)。

小澤氏が古巣の楽天と全面対決

記者会見に臨む3人のキーパーソン

中でも、ヤフーのネット通販事業に新しい風を吹き込むことを期待されているのが、カンファレンスとは別会場で行われた記者会見で中央の席に座った小澤氏だ。

小澤氏は7月1日からショッピングカンパニー長に就任。ショッピングカンパニーは、ヤフーのネット通販事業において最もテコ入れが必要な部門だけに、小澤氏にかけられる期待は大きい。

ユニークな経歴も目を引く。小澤氏は2009年7月から2012年4月まで楽天に在籍し、2012年8月からヤフーに転じている。「Yahoo!ショッピング」と楽天の「楽天市場」は同じ仮想商店街モデルという点で古巣・楽天との全面対決となるのでは、との質問に対し小澤氏は、「楽天とは一緒に成功したい。シェアを取るというセコイことは考えていない」と回答した。

次ページ楽天との正面衝突に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT