30代保育士が明かす「ブラック保育園」の実態

いじめ、賃金未払い、過重労働、突然の解雇…

担任クラスをもつ保育士は、基本的には4月から翌年3月までの年度を同じクラスでみる。年度中に保育士が異動することは、子どもたちへの悪影響が予想されるためだ。

しかしトモさんと他のクラス担任の人間関係がうまくいかず、トモさんが何度あいさつをしても無視されるようなギスギスした関係になっていた。12月での退職を求められたということは、その関係を3月末まで続けるなという意味である。

トモさんが勤務を続けたいと主張すると、上司は1週間ほど様子を見せてもらうと言った。だが上司は実際に保育場面を見に来ることはなく、それなのにトモさんには「主担任とうまくできないので続けるのは難しいと思う」と告げた。トモさんが「どこで見ていたんですか?」と聞くと、上司は「園内の監視カメラで」と返答。しかしカメラは園内に複数あるために、画面が数秒おきに切り替わる。トモさんだけをカメラで見続けることはできない。体よく追い払われたかっこうだ。

退職後にトモさんが再就職した4つ目の保育園は、企業が運営していた。入社式がホテルの大ホールで行われ、国会議員なども来賓として呼ばれていた。表向きは立派な様子だったが、ぎりぎりの人員配置で保育士が休憩なく働いていた。園長が職員にも園児たちにも、大きな声で毎日のように怒鳴る園であったという。

職員の離職率が高く、1カ月もたない人、欝で退職する人などが続出。トモさんが勤めた2年間でほとんどの正規職員が入れ替わったという。その一方で退職希望を出したベテラン保育士が、「辞めさせてもらえない」という状況もあったという。

トモさんの話ではこの園では給与の支払いミスが続発していた。トモさんの出勤日数を数え間違えられて、給与が少ないなどのケースがあり、退職後に本部に問い合わせた。「担当者に伝える」と言われたが、その後連絡が来ない。1週間にわたって4回ほど問い合わせてやっと振り込まれたという。本部職員は「システムトラブルだった」というが、トモさんは「私が問い合わせなければ、間違いに気づかなかったのではないか」と話した。

保育園独特の職場環境の閉鎖性にメスを

ここに記したのは保育経験10年足らずのトモさんひとりの経験談である。あまりにも過酷であり、「トモさん個人になんらかの問題があるのではないか」と疑いたくもなるだろう。たしかに、本人にも問題はあったのだろうが、それにしても酷すぎるといえないだろうか。

こうした過酷な職場の実態について書くと、たいていは「命を預かる保育士の仕事は使命感をもって取り組むべきもの。苦労があったとしても子どものために乗り越えるべき」という批判が来るのだが、そんな精神論で済まされるレベルの話ではないことがトモさんの経験からもわかるだろう。

いじめや賃金未払いといった問題が起こっている現場を放置しておいて、「使命感」で片付けるのは無理がある。まずは、保育園ならではの職場環境の閉鎖性にメスを入れて透明性を持たせる必要があるだろう。トモさんの話からは、園児の健康被害やケガなどにつながりかねない危険性が透けて見えてくるからだ。

トモさんは、それでも「次も保育現場で働きたい」という。子どもたちの笑顔に出会える保育の仕事は大きなやりがいに満ちているからだ。その気持ちが搾取されるような厳しい環境のなかで、保育士たちは毎日、子どもを守り続けている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT