世界一高層、高さ356mのホテルがオープン

ゲボラ・ホテル、中東のドバイに開業

 2月20日、世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」がある中東のドバイで19日、高さ356メートルで世界一高層のホテル「ゲボラホテル」がオープンした。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

[ドバイ 20日 ロイター] - 世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」がある中東のドバイで19日、世界一高層のホテルがオープンした。

この4つ星の「ゲボラホテル」はゴールドを基調とし、高さ356メートル。

これまで世界一だった「JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ」の355.35メートルをわずかに上回り、ギネス・ワールド・レコーズにも世界一と認定された。

宿泊料金は163ドル(約1万7500円)からとなっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。