スズキ「クロスビー」が絶対に避けたい蹉跌

ハスラーに似ても派生名にしなかったワケ

セパレートの前席(筆者撮影)

シートにはハスラーで採用したパイピングの内側に、同色のアクセントを入れた。カラーパネルがハスラーの3色に対して1色、パイピングが5色に対して3色と選択肢が少ないのは、販売台数の違いが影響しているのだろう。

ちなみに広さについては、ボディサイドをあまり絞り込んでいないためもあり、幅の広さはしっかり感じる。前席をセパレートタイプにしたのも余裕の表れだろう。一方、後席の前後方向は、スライドを最後方にセットすると身長170cmの筆者なら楽に足が組めるが、これはハスラーも同じである。

5:5分割の後席(筆者撮影)

気になったのはこの後席が3人掛けなのに、分割がハスラーと同じ5:5であること。中央に座るとヒンジのパーツの上に座ることになって快適ではないし、ヘッドレストはない。ここは早急にスイフトのような6:4分割に作り直してほしい。

高速道路の余裕は軽自動車とは別世界だ

クロスビーのエンジンは1L直列3気筒ターボで、6速トルコン式ATを組み合わせる。ソリオやイグニスが積む、価格や燃費で有利な1.2L直列4気筒自然吸気とCVTのコンビにしなかったのは、ハスラーとの性能差を明確にするとともに、付加価値で勝負する車種としたという位置づけゆえかもしれない。

車両重量はハスラーのターボ付き4WDより130kgほど重いが、軽量化を得意とするスズキだけあって1000kgを下回る。対する最高出力と最大トルクは排気量の違いを反映して、どちらもハスラーの約1.5倍になる。

市街地ではそこまでの力強さは感じないが、高速道路の余裕は軽自動車とは別世界だ。100km/hのエンジン回転数は約2000rpmに過ぎず、ロードノイズも抑えられていて、静かなクルージングが味わえた。

さらに違うのは乗り心地とハンドリングだ。全幅が約200mm広いために、クロスビーはサスペンションをさほど固めなくても安定感が得られる。おかげで乗り心地は快適。ソリオやイグニスよりも上に感じた。それでいてコーナーは腰高感がなく安心してクリアできる。

高速道路や山道を多く走行するユーザーなら、ハスラーよりもクロスビーのほうがふさわしいと感じるだろう。

それだけに気になるのは海外展開だ。現状クロスビーは国内専用となっているが、軽自動車枠とは関係なく作られているうえに、水平基調でスクエアなスタイリングは欧州のユーザーには新鮮に映りそうであり、アジアのユーザーに対しては日本の最新トレンドの提案としてアピールできる。

最低地上高は180mmを確保し、グリップコントロールやヒルディセントコントロールも設定しているので、ジムニーほどではないものの走破性も評価されるだろう。1Lターボと6速ATというパワートレインもグローバル展開に向いている。

日本のみならず世界でどう評価されるのかも気になる1台である。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。