メキシコ、軍用ヘリ墜落で13人死亡の大惨事

内相らが搭乗、地震被害視察後の着陸に失敗

[メキシコ、サンティアゴハミルテペク(ロイター)] - 地震の被害状況を視察していた高官らを乗せたメキシコの軍用ヘリコプターが、南部オアハカ州にある小さな町に墜落。子供3人を含む少なくとも13人が死亡した。州当局が17日に発表した。

メキシコの内相と州知事が乗っていたヘリは、16日に発生した強い地震の被害状況の視察を終えた夜、サンティアゴハミルテペクに着陸しようとした際、野原で2台のバンの上に墜落してしまった。

内相と州知事は無事

高官らは無事だったが、現場にいた12人は死亡。その後、病院でもう1人が死亡した。オアハカ州の検事総長事務局が声明の中で語った。さらに15人が負傷している。

現場で市民保護職員のルイス・カブレラは、当局は今もなお墜落の原因を調査中だと述べた。

マグニチュード7.2の地震で、震源地から約28マイル(45キロメートル)にあるサンティアゴハミルテペクが停電となり、町は16日夜、暗闇の中に残された。

ヘリに搭乗していたジャーナリストが現地のテレビ局に語ったところによると、ヘリコプターは住宅横の空き地の上を飛び、大きな砂ぼこりを上げながら不時着したという。

次ページ当局を激しく非難
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT