女子高生の「ツイッター離れ」が進行する必然

SNSの使い方が変わり始めている

「そういえば、Twitterって全然開かなくなった」

1人の女子高生が言うと、ほかの女子高生たちからも「私もー」との声が。女子高生がLINEと同じぐらい好きだったTwitterに何が起きているのでしょうか。

InstagramのストーリーズがTwitterの代わりに

調査会社のテスティーが2月に発表した「現役JKのぞき見企画【Vol.7】Twitterに関する調査」によると、「利用しているSNS」の第1位は「LINE」で87.1%、第2位は「Twitter」で67.5%、第3位は「Instagram」で53.0%だったそうです。

古参のSNSであるTwitterがなぜ女子高生に支持されているかは、記事「中高生がLINEとTwitterを使い分けるワケ」にも書きましたが、彼女たちは発信先に合わせた投稿をつねに心がけているからです。アカウントを複数作ってでも、読んでいる人が不快に思わないように配慮して発信しています。

ところが、最近は「Twitterを開くときは誰かの誕生日のときぐらい」という女子高生が出てきたのです。その理由を聞くと、「TwitterにつぶやいていたようなことはInstagramのストーリーズに投稿するから」とのこと。

Instagramのストーリーズとは、通常の投稿とは異なり、24時間経つと投稿が自動的に消える投稿です。静止画や動画に文字や動きの加工を付けて投稿することができます。「インスタ映え」を狙った投稿ではなく、日常のふとした出来事を気軽に投稿する人が多いことが特徴です。

「たとえば、バイトつらいーって言いたいとき、Twitterに“バイトつらい”って書いたら重い。でもストーリーズなら頭抱えているような自撮りに文字を入れると楽しい感じになるでしょ」

画像をわざわざ撮るのは手間が掛かるとも思いますが、画像がないときは文字だけでも投稿できるので、カラフルな背景や楽しいフォントを使うことで明るく愚痴を言えるのだそうです。

ストーリーズにはハッシュタグや位置情報を入れられるのですが、ほとんどしないとのこと。「ジーアイエフ(GIF動画のこと)はすごい入れる。あとアンケートもよくするよ。友達みんな見てるから、回答も集まるし」。

「(友達のストーリーズに)突っ込みが入れられるのもいいよね。見たらコメントすると、そのままDMになるから会話が続いたりして。今度そこに行こうとかいう話になったりする」

ストーリーズのコメントは、「DM(ダイレクトメッセージ)」として相手に送られます。逆にコメントしづらいのでは?とも思いますが、周囲に見られず会話に移行できる点は確かに便利です。

同じ相手にInstagramのDMとLINEのトークが同時並行することも珍しくないそう。「Instagramでは学校の話をして、LINEでは食べ物の話をしてたりとか、同じ人と違う話題で話してることよくあるよ。LINEにSnapchatで撮ったおもしろい顔の動画を送ったりね」と、自然にSNSを縦断して使っている様子が窺えます。

次ページストーリーズのいいところ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。