KDDIは、なぜ社長交代を1年前倒しするのか

技術からサービスへのトレンド変化を象徴

1月31日、KDDIは4月1日付で社長が交代することを発表(写真:KDDI)

1月31日、KDDIは田中孝司社長が中期計画を1年残す形で会長に退き、4月1日付で高橋誠副社長に社長の座を譲ることを明らかにした。記者会見では、1年を残して自ら社長を降り高橋氏を後任候補として指名委員会に委ねたことについて、以下のような理由を説明した。

1つは、「中期計画を1年残した段階で交代することで、次の中期計画に向けて高橋新社長が熟考できる時間的な余裕を与えた」ということ。もう1つは、「現状で取り組めることに関してはやり切った」との理由だ。

いずれも「定番」といえる応答だが、携帯電話事業の長期的な投資トレンドから考えても、実によいタイミングでのトップ交代だ。

どこか寂しさを感じているような印象だった

2017年9月、アップルがiPhone Xが発表した際、田中社長は筆者の取材に対し、「技術的な話題や、将来の社会の変化などのメガトレンドを考える場合、5Gは欠かせないテーマ。しかし、携帯電話事業者側の視点でみると、5Gはまだ少し遠いところにある。その前に低消費電力、低コストのLTE技術(LPWA:Low Power Wide Areaのこと)などが来たうえで、その先に5Gが来るイメージだろう」と話した。

社長就任以来、「マルチユース 」「マルチネットワーク」「マルチデバイス」の3M戦略を進めてきたが、やれることはすべて実施済み。さらに次の大きな目標となるとネットワークの5G対応がある。が、それらはもう少し先の話、というわけだ。5Gでは自動車や流通向け自動運搬のシステムや、個人向けのモビリティなど、移動体も含めて社会全体がネットワークでつながっていくが、時期的には少し先の目標となる。

誤解を生む可能性を承知のうえでインタビュー当時の様子を表現すると、どこか「もうやることがないなぁ」という寂しさを感じているような印象だった。昔からパソコンや小型携帯端末が個人的な趣味としても大好きで、自社端末の1つひとつをプライベートでも使いながら、これはこんな端末、これはこんな使い方が面白いと、自社で扱っている製品を楽しんでいた田中氏が、そうした空気を出すことは珍しい。

次ページ金融や電子商取引、ヘルスケアにも取り組む
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?