「ワゴンR」高すぎる目標を達成できない苦悩

宿敵「ムーヴ」に勝ったのは2017年7月のみ

登録済み(軽は届け出)済み未使用車をメインに販売する業者のストックヤード。このようにワゴンRが多く置かれる光景が2017年後半から目立ってきた(筆者撮影)

N-BOXは2017年8月31日に現行モデルが正式デビューしている。つまりそれまでは先代が末期モデルとなっていたのである。ちなみに先代モデルを販売していた2017年2月から8月までの、月販平均台数は約1万6000台と、まさに怪物といってもいい販売台数となっている。

当時、販売現場からは「N-BOXの値引き条件は尋常ではなく勝ち目がない」といった声も聞かれたが、単に乱売だけであったり、軽自動車ではお約束の自社届け出などによる、届出済み未使用車としての流通が多くなったりしているということだけではこれだけの販売台数は末期モデルではなかなか稼げない。

人気は根強いが…

末期モデルであり、なおかつ6月ごろからは新型のティザーキャンペーンも始まっている状況なのに、販売台数が際立って下がらないのは、それだけエンドユーザーの間で根強い人気がある証拠ともいえよう。

ワゴンRについても3月(年度末)、7月(夏商戦締め)、9月(半期決算)という節目の時期に1万台を超えている。けっしてワゴンRが目立って売れ行き不振になっているわけでもない。しかし2017年度下半期ぐらいからは、届出済み未使用車も目立ってきたが、それでも目標の1万6000台をクリアできなかった。

新型になってからは月販2万台を超える月がほとんどとなっているN-BOXの勢いをライバルメーカーがなかなか食い止めることができないだけでなく、タントやスペーシア、デイズ ルークスなど、同じスーパーハイト系ワゴン間での販売(値引き)競争は激しくなるばかりで、軽自動車の主役はこのタイプに完全に移り変わろうとしている。

そしてワゴンRのライバルであるムーヴはキャンバスという“飛び道具”を持ち出してきている。軽自動車では絶対的な知名度を誇り、アイコンとして君臨してきたワゴンRだが、そろそろ“次の一手”が必要なのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT