イギリスが19~20世紀に大繁栄した真の理由

要因は産業革命ではなく「物流」にあった

イギリスは1660年の王政復古以降、貿易量――とりわけヨーロッパ外世界との貿易量――を大きく伸ばした。このことは「商業革命」と呼ばれている。この商業革命の過程で、イギリスの貿易では、オランダ船ではなく、イギリス船がどんどん使われるようになった。その結果、やがてイギリス以外の貿易についても、イギリス船が使われるようになっていった。イギリスが覇権を握ることができたのは、そのためであった。

世界の物流を支配する国家へ

イギリスは、大西洋貿易のみならず、ヨーロッパ内部の貿易でも、オランダ船の排除に成功していく。ほかの国々と異なりイギリスは、大西洋帝国とヨーロッパ内部の貿易圏で、国家が貿易活動そのものを管理するシステムの構築に成功したのである。これこそがイギリスの独自性であった。

事実、イギリス以外の国々――フランス、スペイン、ポルトガルなど――は、大西洋貿易においては自国船を使ったとしても、北海とバルト海地方との貿易においては、オランダ船を使用する傾向が強かった。

『物流は世界史をどう変えたのか』(PHP新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

イギリス船を使うことで、外国人、なかでもオランダ人に支払う輸送料が低減し、国際収支の改善に大いに役立った。近世のイングランド、さらにイギリスは、保護貿易というより、むしろ「保護海運業政策」を特徴とした。この政策により、イギリスは他国との物流においてさえ、支配権を握ることを目指したのだ。

20世紀初頭には、トン数に換算して、世界の船舶の約半分がイギリス船であった。イギリス船は、世界中の商品を輸送していた。

現在の研究では、フランス革命の最中の18世紀末に、イギリスはオランダを抜き、ヨーロッパ最大の海運国家になったと考えられている。それは、19世紀の帝国主義時代において、イギリスが世界の商品を輸送する国家に、言い換えるなら、世界の物流を支配する国家になったということを指している。イギリスの物流は、文字どおり、世界を動かした。

このように、物流が歴史を変えた事例は枚挙にいとまがない。これまでの歴史研究では見過ごされがちなテーマであったが、世界史のダイナミズムを的確に把握するには、欠くべからざる要素といえる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT