韓国「BTS」が米国ファンを熱狂させる秘密 今までのK-POPグループと何が違うのか

印刷
A
A

K-POPファンの数も着実に増えている。世界最大の韓流フェスの米国版「KCON USA」は、2012年以来、ロサンゼルスで開催されており、毎年6万人のもの韓流ファンが集まる(ちなみに、KCONはこのほか、メキシコや日本でも開催されている)。

今後は、アメリカの若いファンが、シングル以上にアルバムに魅力を感じるようになるにつれ、BTSが自分たちの音楽スタイルをどの程度深く追求しようとしているのかが問われる。

BTSがリスクを取ったとしても

ビートルマニアと比較するなら、ビートルズは、ホワイト・アルバムを発表し、それまでのサウンドから本当に決別した時点で、すでにアメリカで最も人気のあるバンドの1つだった。 一方、BTSは、2014年の『DARK&WILD』から彼らのサウンドを進化させている。それまでのボーイズバンドのスタイルとは一線を画したバンドとしての曲を発表したといっていい。おそらく次のアルバムは、彼らのパーソナルな音楽スタイルに近づいた大胆なものになるだろう。

こうした変化は、ファンに受け入れられるだろうか。K-POPが、たとえばダブステップのように、もっと緻密に定義されたサウンドを持っていたなら、そこから離れすぎると音楽がジャンルに合わなくなり、さらには、ブロステップという言葉がダブステップの派生物を説明する言葉として分裂してしまったのと同じ状態になる可能性がある。

しかし、BTSファンの熱狂的な支持を考えれば、リスクをとってこれまで以上に本当に彼ららしい音楽を見せたことでファンを失うとは考えがたい。結局のところ、本当のファンが関心を持っているのは、彼らの真の姿なのである。「自分たちの音楽を作るために最善を尽くすことが、一番の努力なのだと思う」と、韓国のヒップホップの先駆者であるTiger JKも言っている。

多くの米国メディアが、2017年は「K-POPがアメリカで大ブレイクした年」と評価している。その先導役となったのはBTSである。これを皮切りにさらなる韓流ブームが起きるのか。K-POPファンならずとも気になるところだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT