カンロは「糖質制限ブーム」なんて気にしない

「健康のど飴」が定着、「虫歯予防」飴も

販売が好調なカンロのグミ。主力商品の「ピュレグミ」はラインナップを強化している(撮影:風間仁一郎)

今後の成長のドライブは何か。カンロは5年前にいったん縮小していた海外事業での再挑戦を挙げる。ロゴマークでの社名表記を英語にしたのも海外市場を意識してのことだ。

カンロは、1990年代から台湾や香港に進出。香港では現地の「お菓子ランド」という小売りチェーンなどで販売しているが、店頭の主力ラインナップにはなっていないため、カンロにはうまみが小さい。

そこで2018年からは、大株主の三菱商事の協力も得て東南アジア全域でスーパーやコンビニ向けの販売ルートを開拓していく。当面は飴の輸出から着手し、成長しているグミも生産能力増強と軌を一にして本格展開する予定だ。中長期的にはアジア各国での現地生産も視野に入れ、20年後には海外売上比率(現在は1%程度)が国内売り上げと並ぶ水準にまで拡大させる方針を掲げる。

「海外市場攻略はまだ間に合う」

2017年12月期の第3四半期(1~9月期)の売上高は151億円(前年同期比6.1%増)、営業利益4億5500万円(同92.1%増)と好調だ。キャンディ市場全体が振るわない中で、飴では主力商品の「金のミルクキャンディ」や「スーパーメントールのど飴」などが伸長。成長商品のグミでも「ピュレグミ」「カンデミーナグミ」がコンビニ向けにヒットを続けた。

「金のミルク」に続くヒットを出せるか。商品力は海外攻略の成否も左右する(撮影:梅谷秀司)

利益率の高い主力商品のヒットに加え、原価改善や廃棄ロスの低減などのリストラが寄与している。2月8日に2017年12月期の本決算発表を控えるが、売上高210億円(前期比6.5%増)、営業利益は会社予想の8.3億円(同40.3%増)を上回る9億円台乗せの公算が大きい。

成長に向けた次の一手も打っている。グミの生産能力倍増を狙い、長野県の松本工場にラインを新設中で、2018年末までに完成・稼働予定だ。キャンディでは味覚糖や不二家がアジアで先行している。「カンロは(経営環境の)厳しい時代を経て今がある。海外は少し出遅れた感があるが、まだ間に合う。そういう商品を作れると思っている」(三須社長)。

決して”甘くない”海外市場へ、カンロの捲土重来は実を結ぶだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT