仮想通貨NEM流出、問われる取引所の安全対策

コインチェックに同情の声が少ない理由

ホットウォレット、コールドウォレットとは、送金時に用いる秘密鍵の管理方法のこと。銀行で例えると、送金時に用いる秘密鍵が銀行届出印で、ウォレットがその印鑑入れになる。

ホットウォレットは、ウォレットをインターネットに接続して運用する状態を指す。ネットに接続されているため、送金処理が即時にできる。いわば印鑑を手元に置いているような状態だ。印鑑入れをネットにさらしているので、その分、中身の印鑑を盗まれるリスクも高くなる。

コールドウォレットの方が安全性が高い

一方のコールドウォレットは、ネットから隔離したところに秘密鍵を保管して運用する状態をいう。コールドウォレットには、紙に印刷しておくペーパーウォレットや仮想通貨専用デバイスといった種類がある。保管場所も実物の金属製の金庫など、外部の目に簡単に触れない場所にする。

必要なときにはその都度取り出しに行くことになるので、即時送金などはできない。反面、ネット上での盗難リスクは下がる。

ビットコインなど主要な通貨であれば、一般的に取引所は顧客から預かっている分の一定量をコールドウォレットで保管し、安全性の確保を図っている。

さらに、ホットウォレットであってもこれがあれば大量流出を防げたかもしれないといわれているのが、マルチシグネチャー(マルチシグ)対応だ。

マルチシグは、複数の秘密鍵を用いて電子署名を行ううえに、その鍵を分散して管理しておく仕組み。秘密鍵が複数あれば、一つ盗まれてもカバーできる。三つの秘密鍵のうち二つ合えば送金できる、というような運用をする。コインチェックのNEMの保管方法は、同方式に対応していなかった。

次ページ仮想通貨取引所は襟を正す機会だ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT