半導体装置の大再編は勝ち残りの「究極解」

大型統合を前に、中堅装置メーカーは戦々恐々

半導体製造装置で国境をまたぐ大型再編が火を噴いた。

世界首位の米アプライド・マテリアルズと3位の東京エレクトロン(TEL)は、2014年後半に経営統合する。単純合算で売上高は1兆3000億円超、半導体製造装置市場でシェア25%を握る巨大企業が誕生する。2位で露光装置では最大手の蘭ASMLの売上高6300億円を2倍以上引き離す規模となる。

強者同士が手を組む背景には、市場環境の激変がある。顧客の半導体メーカーは、米インテル、韓国サムスン電子、台湾TSMCの“ビッグスリー”が世界の設備投資金額の65%を占める。「ビッグスリーと取引できなければ生き残りは難しい」と中堅装置メーカー幹部が嘆く、厳しい買い手市場となっている。

半導体メーカーは回路パターンを微細化することで生産量を増やし、製造コスト削減を進めてきた。物理的限界が迫りつつある近年、技術的ハードルは高まる一方。だが、さらなる微細化要求はやまず、ウエハの大口径化、3次元構造、新材料などへの対応も迫られ、装置メーカーの研究開発投資は増加の一途だ。

厳しいのは、巨費を投じたところで、先行きの需要はそれほど伸びないと思われること。高額な最先端装置を購入できるのは、ビッグスリーのほか数社に限られる。装置の生産効率が向上し、半導体の生産数量も拡大するため、導入台数は大きくは伸びない。もともと装置メーカーは、半導体メーカーよりもさらに業績の浮き沈みが激しかったが、近年、その山は低くなり、谷は深く長くなる傾向が強くなっている。

次ページ出資比率は68対32
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。