大和証券G、17年4―12月期経常利益10.8%増

リテール部門が好調、ホールセールは減益に

 1月30日、大和証券グループ本社が発表した2017年4―12月期決算は、経常利益が前年同期比10.8%増の1121億円となった。写真は都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 30日 ロイター] - 大和証券グループ本社<8601.T>が30日に発表した2017年4―12月期決算は、経常利益が前年同期比10.8%増の1121億円となった。第3四半期は日経平均株が26年ぶりの高水準になるなど好調な市場環境に支えられ、リテール部門を中心に好調な業績となった。

部門別では、リテール部門の経常利益が前年同期比88.7%増の390億円となる一方、ホールセール部門は同34.5%減の321億円だった。

リテール部門は、好調な市場環境に支えられ、株式委託手数料や募集・売り出しの手数料が増加。外国株の売買代金は前年同期比で倍増するとともに、ラップ口座の契約資産残高は過去最高を更新し、1兆9445億円となった。

一方、ホールセール部門は、SGホールディングス<9143.T>の新規上場や日本郵政<6178.T>株式の2次売り出しなどの大型案件を獲得したものの、ボラティリティーの低下で債券トレーディングが引き続き振るわなかった。

会見した小松幹太・専務執行役(最高財務責任者、CFO)は債券トレーディング部門について「国内外ともに大きな回復は見込めない」と述べた。

当期純利益は前年同期比2.3%増の835億円となった。

 

(布施太郎 編集:田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。