外国人が活躍できない日本の残念な労働事情

労働者と移民は分けて考えるのが現実的だ

まずソフトランディングの方法として、短期の外国人労働者を受け入れる。その上での課題は、言葉の問題です。短期的な働き手であっても、日本語を完璧に話せるようになってから日本に来てほしい。そういう考え方もあるようです。でも働き手からみると、そうじゃなければ働けない国っておそらく日本だけです。

シンガポールでも米国でも外国人が多い国では、全員が完璧な英語を話すかと言ったらそんなことはありません。そしてそれを織り込んで、社会が回っています。たとえばレストランの店員が拙い英語でも、それにクレームを付ける人はいません。地下鉄や公共の空間の表示では、難しい言葉を使わず、シンプルにわかりやすく説明しています。こんな中、日本だけが高い語学能力を外国人の働き手に求めると、おそらく日本は働く国として選ばれなくなると思います。

世界の常識は日本で通用しない

――言葉以外にも、日本はまだまだ外国人にとって働きにくい、住みにくい国のようです。

たとえば銀行口座の開設は断られるがちです。本来は必要な書類を出せば作れるはずなのに、メガバンクでも地方銀行でも、書類があるのに開設を断られることが少なくありません。住宅もまだまだ大変。部屋の借り主がその外国人を雇用する日本企業であっても、「外国人には住んでほしくない」といって大家さんから断られることがあります。職場では、社長と人事部が外国人採用を決断しても、現場のパートさんが嫌がっていじめるようなこともあるようです。

――こういった心理的な抵抗感は、制度の問題よりも改革が難しそうです。

これはもう、少しずつ外国人を受け入れてもらって、少しずつ変わるのを待つしかありません。

有名なジョークで、「沈みそうな船に乗っている外国人を、海に飛び込ませる言葉」ってありますよね。米国人には「一番に飛び込んだらヒーローになれる」、イタリア人には「女性にモテモテになる」とかいう(笑)。あのジョークでは、日本人には「みんな飛び込んでますよ」って言うんですけれど、あれはあながち冗談ではありません。今のビジネスの中で実感しています。そして、このときの「みんな」は日本人でなくちゃいけないみたいです。

次ページ小さな善意の積み重ねが重要
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT