トランプ氏の「ロシア疑惑」大統領聴取の意味

本人は「楽しみにしている」、捜査は山場に

大統領による司法妨害の有無を調べる際のキーマンであるセッションズ氏への聴取がおこなわれるなかで、焦点は、「トランプ大統領本人への聴取」へと移りつつあっただけに、24日のトランプ大統領の「(聴取に)喜んで応じる」という発言は、ロシア疑惑を追い続けてきた米メディアにとって、大ニュースになったのだ。

ただ、トランプ大統領が、言葉通りに聴取に応じるかどうかは、見通しづらい面もある。ムラー特別検察官側と、トランプ大統領の弁護士チームはここ数週間にわたって、大統領への聴取をどのように行うか、その条件についてせめぎ合っているといわれる。

面談によるものなのか、文書で行われるのか、どんなテーマを聞くのか、など交渉項目は多岐にわたっているとされる。トランプ大統領が協力を明言しただけに、近いうちに聴取は実現するものとみられるが、その手法や形態は予測しづらい。

深まる米国内の保守系とリベラル系の亀裂

トランプ大統領が、24日に突然記者の前に姿を現して20分近く質疑に応じたのは自らの潔白を訴える狙いとみられるが、実際の「大統領聴取」に向けてはまだまだ攻防がありそうだ。ただ、大統領聴取に応じる意向をトランプ大統領本人が明確に示し、時期まで示唆したことは、ロシア疑惑を解明するうえでは大きな進展といえる。

ただ、ロシア疑惑を巡っては、ムラー特別検察官チームやFBIの捜査の「中立性」に対する疑義が、共和党議員や米保守系メディアで、昨年末から相次いで取りざたされている。FBIの捜査官らが、トランプ大統領に批判的なテキストメッセージをやりとりしていたり、捜査幹部がクリントン氏に近い人物だとの指摘が、共和党議員や保守系メディアで繰り返しなされていたり、ロシア疑惑の捜査そのものの信頼性への攻撃が増している状態だ。

また、ムラー特別検察官のチームによる捜査と並行して行われているのは、米議会によるロシア疑惑の調査だが、今年11月にある米中間選挙も見据えながら民主党議員と共和党議員の党派的な対立はますます深まっている。トランプ大統領は24日の記者との質疑の際にも、FBIの捜査の「中立性」に対する強い不満を示した。

「大統領聴取」という、いわば本丸へとロシア疑惑の捜査が進んでいくなかで、米国内の保守系とリベラル系との間の亀裂はさらに大きくなりそうだ。

実は米国内では、このところ、こうした「ロシア疑惑」や、「移民制度改革」と「国境の壁」を巡る与野党対立の議論一色になっている。本来、米国にとって最重要課題であり、日本にとっても切迫した問題である「北朝鮮危機」についての議論は、米議員やメディアの間では低調といっていい状況だ。「ロシア疑惑」や「移民制度改革」「国境の壁」の議論に隠れ、北朝鮮問題についての十分な議論が米国で進んでいないことは、日本にとっては非常に憂慮される事態だと思う。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT