トランプ氏の「ロシア疑惑」大統領聴取の意味

本人は「楽しみにしている」、捜査は山場に

はたして共謀はあったのか(写真:ロイター/アフロ)

トランプ大統領が1月24日夕(日本時間25日朝)、ロシア疑惑にからんで、自身への聴取を「楽しみにしている」と語った。トランプ大統領への聴取が実際にどう実現するのかはまだ見通せない部分も多いが、2016年の大統領選でトランプ氏がロシアと共謀したのかどうかなどが焦点になっているロシア疑惑が「米国大統領の聴取」という山場にさしかかっていることは間違いない。ロシア疑惑の捜査はどこまで進んでいるのか、そして「大統領聴取」が何を意味するのか。

ホワイトハウス詰めの米主要メディア記者によると、トランプ大統領は24日、記者たちの前に突然姿を現した。

ホワイトハウスの西執務棟(ウェストウィング)にある、ケリー首席補佐官の部屋に、20人ほどの米主要メディアの記者たちが集まっていた。移民制度改革についてのホワイトハウス高官によるバックグラウンドブリーフィングを聞くためだった。

予想しない出来事に現場は騒然

ブリーフィングがはじまったばかりのタイミングで部屋のドアが急に開き、顔を出したのは、トランプ大統領本人だった。予期しない出来事で、現場の記者たちばかりでなく、ホワイトハウスのスタッフたちも驚いていたという。首席補佐官の部屋は、大統領の執務室(オーバルオフィス)のすぐそばにある。トランプ大統領はダボス会議に出発する前だった。

ブリーフィングそっちのけで、記者たちはドアのところに立つトランプ大統領に駆け寄り、質問攻めにした。

主題は、ロシア疑惑で、「トランプ大統領が、ムラー特別検察官が要望する大統領の聴取に応じるかどうか」。トランプ大統領はかつて、特別検察官からの求めがあれば、聴取に応じる意向を示していたが、1月初めにムラー特別検察官側が大統領聴取の意向を持っていることが伝えられて以降、トランプ大統領が自らの考えを明確にしていなかったからだ。

記者「あなたは、ムラー特別検察官と話すつもりですか?」

トランプ大統領「それを楽しみにしているよ、実際のところ。 I’m looking forward to it, actually」

トランプ大統領は、うそ偽りを述べないという「宣誓下」で聴取に応じるとも語った。時期については、2~3週間ほどで、とも示唆し、聴取に「喜んで応じる」とも述べたのだった。

次ページロシア疑惑には2つの側面がある
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。