寓話・北風と太陽には「北風勝利」編もある

スピーチのネタに使える、古今東西の教訓

こういう無気力状態に陥っている組織は少なくない。無気力は個人の中で学習されて、蓄積されていく。それだけでなく、失敗したことがない人間にまで疑似体験として伝染していき、組織全体に広がる。無気力感が蔓延している組織に活を入れるには、その組織に異質な人材を入れることだ。転職者や新入社員が異質な人材の典型である。彼ら彼女らは、無知ゆえの強さ、経験がないがゆえの強さ、非常識ゆえの強さを持っている。

半分の煎餅

お腹をすかせたある男が、お菓子屋さんで七枚の煎餅を買った。さっそく男は家に戻って、煎餅を食べはじめた。1枚食べ終わったが、お腹はふくれない。2枚目を食べるが、まだお腹がふくれない。3枚目、4枚目、5枚目、6枚目と男は次々と煎餅を食べた。それでも、空腹がおさまらない。

残った煎餅は1枚だ。あと1枚しかないので、残った煎餅を2つに割って食べることにした。すると、今度はお腹が一杯になった。その男は残った半分の煎餅を手に持ちながら、悔しそうに言った。「俺はなんて馬鹿なんだ。半分の煎餅でお腹が一杯になるんだったら、前の6枚は食べなくてもよかった」

解説:わずかな変化をばかにしてはいけない

馬鹿みたいな話である。六枚の煎餅を食べたことを忘れ、半分の煎餅だけで腹がふくれたと勘違いした男は、「日々の積み重ねが大きな成果を生む」ことを分かっていない。「〈1.01〉と〈0.99〉の法則」を紹介しよう。1.01は1よりわずかに大きい。0.99は1よりもわずかに小さい。両者の差はたった0.02。しかしながら、このわずかな差が積み重なると、大きな違いが生まれてくる。

実際にこの2つを365回かけるとどうなるか。1.01の365乗は37.78 、0.99の365乗は0.026になる。こんなにも大きな差が生まれることに誰もが驚くだろう。言うまでもなく365という数字は一年間を意味する。日々1%だけ余分に努力を続けた人と、日々1%だけ手を抜いた人とでは、一年間でここまで差がつくのだ。

人生は小さな選択の積み重ねである。その選択が、一年後のあなたの人生を決める。あなたは、1.01を選ぶ? それとも0.99を選ぶ?

目をなくしたカバ

1頭のカバが川を渡っているときに自分の片方の目をなくした。カバは必死になって目を探した。前を見たり、後ろを見たり、右側を見たり、左側を見たり、体の下を見たりしたが、目は見つからない。

川岸にいる鳥や動物たちは「少し休んだほうがいい」と助言した。しかし、永遠に目を失ってしまうのではないかと恐れたカバは、休むことなく、一心不乱に目を探し続けた。それでも、やはり目は見つからず、とうとうカバは疲れはてて、その場に座りこんでしまった。

カバが動きまわるのをやめると、川は静寂をとり戻した。すると、カバがかき回して濁らせていた水は、泥が沈み、底まで透きとおって見えるようになった。こうして、カバはなくしてしまった自分の目を見つけることができた。

次ページ寓話「目をなくしたカバ」の教訓とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT