世界経済の一つの姿が頓挫、大きなパラダイム転換も--武藤敏郎・大和総研理事長

--昨年8月以降の米国の金融市場の混乱には出口が見えません。

金融問題は、一種のシステミックリスクになったと言っていい。

米国の住宅金融公社(GSE)2社に対する今回の救済策は、暗黙の政府保証がなされていたGSEを破綻させないという明確な意思表示であり、市場に安心感を与えたと思います。市場に追い込まれて救済策を早めたという面もあると思いますが、当局の対応は評価できます。

ただし、GSE以外の金融機関に関しては依然として問題が残されており、抜本的な解決策がとられたわけではありません。

大ざっぱな理解では、米国の金融機関の損失は、この間、25兆円ぐらい。欧州、アジアの金融機関も含めると、50兆円ぐらい。ほかの経済主体、すなわち年金基金や生保、ヘッジファンドなどの保有金額も金融機関に匹敵するといわれ、全損失を合わせれば、100兆円ぐらい発生しています。これ以上出ないのかどうか、確信がないということです。

理由は原資産である住宅の価格が下げ止まっていないから。住宅価格はS&Pケース・シラー住宅価格指数で見ると06年がピークですが、現時点でそこから2割下げ、まだ、下げ続けている。私は、ピーク比で35%から40%ぐらい下がらないと正常化しないと見ており、下げ止まるのは2010年の中頃と見ています。マーケットは変化を先読みしますから、住宅価格の下落幅が減速して底打ちの兆しが見えてくれば、09年の終わり頃に反転する可能性はあると思います。それまでは不透明、不確実で何が起こるかわからない。

起こったことの深刻さは非常に重大。正常化するには時間がかかるでしょう。日本のバブル崩壊とはいろいろな意味で違うと思いますが、今までにない新しい金融イノベーションの中で起こった経済事象であり、今後どうなるかわからないところがあります。複雑で広がりのある混乱が起こり、世界経済に大きな打撃を与えていくのではないでしょうか。

戦後世界経済が作り上げた一つの姿が頓挫した、と言えます。これから、同じようなシステムをまた再構築していくのか、それとも大きなパラダイムの転換が起こるのか。そうした論点があると思います。

--日本の景気減速の中で、バラまき復活、財政再建先送り論も出てきています。

8月末、政府は総合景気対策を決めましたが、明確なのは公共事業追加というのはしない、総需要政策はとらないということ。もっとも減税は一応やるとしています。

原油価格の上昇によって痛みを現実に感じている人に、痛みを緩和する措置をとる、中小企業の倒産が増える可能性があるので、信用保証を提供していくという考え方など、経済が回復してくるまでの間の混乱、不安を最小限に抑えようとの政策は、政治的には十分に理解できます。

ただ、財政再建はコンセンサスであり、その原則を曖昧(あいまい)にしてしまうと、長期金利の上昇や意図せざる金融引き締めなどのしっぺ返しを、マーケットから受けることになります。日本人が国債を買っても世界的に見れば格付けが落ち、価格が下落することになる。あまりポピュリズム的なことをやると、国民からはかえって信用されない。きっちりした政策論争をする必要があります。

(松崎泰弘 大崎明子 武政秀明 撮影:鈴木紳平 =週刊東洋経済)

むとう・としろう
1943年7月生まれ。66年東京大学法学部卒、大蔵省入省、99年主計局長、2000年大蔵事務次官、01年財務事務次官、03年日本銀行副総裁、08年6月東京大学先端科学技術研究センター客員教授、同7月より現職。

(インタビューは9月上旬に行われました)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング