シーン別「長男・長女」との上手な付き合い方

人間関係がスムーズになる「うまれ順」分析

親に最も愛されて育った長子にとって、いちばんうれしい褒め言葉とは?(写真:Anurak / PIXTA)
『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』の著者・五百田達成氏が、「きょうだい型」別に性格分析とコミュニケーション方法を伝授する本連載。五百田氏は角川書店で雑誌・書籍編集者、博報堂でプランナーとして勤めた後、作家・心理カウンセラーとして独立。豊富なカウンセリング実績を生かした人付き合いやコミュニケーションに関する実践的アドバイスを行っています。第1回の今回は、責任感と自尊心の強い生まれながらの「王様」「女王様」、長男・長女について解説します。
なお、本稿ではきょうだいのいちばん上を「長子」、3人以上のきょうだいの長子と末っ子以外を「中間子」と表記しています。

"最も親に愛されている"自尊心ときょうだいへの責任感

長子の性格をひと言で言い表すなら「王様」「女王様」です。その性格は親からの惜しみない愛によって形づくられます。

何といっても一人目の子どもですから、親も子育ての理想に燃え、エネルギーにも満ちあふれています。

実際、多くの親が「結局、1番目の子がいちばんかわいい」と告白します。そして下の子になるほど、親も肩の力が抜け、手抜きも覚えていくことに。

長子のときは、妊娠から出産、ハイハイの様子、七五三、入学式と何百枚何千枚も撮った写真が、中間子では数十枚に減り、末子に至ってはほぼゼロになる……というのは多くの家庭の"あるある"です。

そのように"最も親に愛されている"という自負に加えて、「下の子たちの面倒を見てね」という親の言いつけをしっかり守ってきた長子。社会に出てからも、その責任感と面倒見の良さはあまねく発揮されます。

次ページ基本的に弟や妹の人格を認めていない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。