セブン&アイ、3―11月期は8%営業増益に

海外コンビニや専門店事業などが寄与

 1月11日、セブン&アイ・ホールディングスは、2017年3―11月期の連結営業利益が前年同期比8.0%増の2957億円になったと発表した。3―11月期としては最高益となる。写真は都内で昨年12月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 11日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は11日、2017年3―11月期の連結営業利益が前年同期比8.0%増の2957億円になったと発表した。3―11月期としては最高益となる。国内コンビニ事業の営業増益は鈍化したものの、海外コンビニや専門店事業が増益に寄与した。

売上高にあたる営業収益は同4.4%増の4兆4797億円。

国内コンビニ事業の営業利益は前年同期比0.6%増と伸びが鈍化した。62カ月連続でプラスだったセブン―イレブン・ジャパンの既存店売上高は10月、11月と前年を割り込んだ。3―11月期では0.8%増だったが、客数が0.8%減とマイナスになっている。家賃や人件費などの負担増も利益を圧迫している。

一方、海外コンビニ事業は20.4%増と伸びた。都市部への出店を推進するとともに、収益性を重視して一部店舗の閉鎖も行った。ガソリンの売り上げも伸長した。

スーパーストア事業では、イトーヨーカ堂の赤字幅が縮小したものの、ヨークベニマルが販管費増で減益となった。営業赤字だった百貨店や専門店は黒字転換した。

2018年2月期の連結営業収益は前年比4.5%増の6兆1000億円、営業利益は同6.0%増の3865億円の計画を据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト15人の営業利益予測の平均値は3907億円となっている。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT