立憲民主への入党者は、まだまだ増えていく

1月16日までは移動ラッシュが続く可能性

2018年、立憲民主党は「第1野党」としていっそう党勢を拡大することになりそうだ(写真:ロイター/アフロ)

圧倒的多数の与党に対峙するために、旧民進党をルーツとする3党の統一会派結成を目指す民進党と希望の党。そして希望の党の参加を頑なに拒む立憲民主党。2017年の仕事納めの日である12月28日も、この3党の動きは慌ただしげだった。

仕事納めの日も慌ただしい動き

希望の党は午後1時から臨時役員会を開き、民進党が26日に申し入れた3党の統一会派結成案について審議した。

「民進党からの申し出に、協議のテーブルに付くことを決定した」

臨時役員会の後のブリーフィングで役員室長の岸本周平衆院議員は、年明けから両党の幹事長・国対委員長間で協議を行い、党内でも議論を開始することを表明した。

「お願いされて門前払いをするのは失礼。応じるのが人の道だ」

こう述べた岸本氏の言葉は、希望の党を拒む立憲民主党への皮肉のようにも聞こえる。

その立憲民主党は28日に持ち回りの役員会で、26日に入党届を出した蓮舫氏の入党を了承。さらに26日に民進党から提案された3党による統一会派結成の呼びかけに、最終的な拒絶の回答を行っている。

次ページ再要請したものの
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。