立憲民主への入党者は、まだまだ増えていく

1月16日までは移動ラッシュが続く可能性

2018年、立憲民主党は「第1野党」としていっそう党勢を拡大することになりそうだ(写真:ロイター/アフロ)

圧倒的多数の与党に対峙するために、旧民進党をルーツとする3党の統一会派結成を目指す民進党と希望の党。そして希望の党の参加を頑なに拒む立憲民主党。2017年の仕事納めの日である12月28日も、この3党の動きは慌ただしげだった。

仕事納めの日も慌ただしい動き

希望の党は午後1時から臨時役員会を開き、民進党が26日に申し入れた3党の統一会派結成案について審議した。

「民進党からの申し出に、協議のテーブルに付くことを決定した」

臨時役員会の後のブリーフィングで役員室長の岸本周平衆院議員は、年明けから両党の幹事長・国対委員長間で協議を行い、党内でも議論を開始することを表明した。

「お願いされて門前払いをするのは失礼。応じるのが人の道だ」

こう述べた岸本氏の言葉は、希望の党を拒む立憲民主党への皮肉のようにも聞こえる。

その立憲民主党は28日に持ち回りの役員会で、26日に入党届を出した蓮舫氏の入党を了承。さらに26日に民進党から提案された3党による統一会派結成の呼びかけに、最終的な拒絶の回答を行っている。

次ページ再要請したものの
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。