男の素人料理が密かに盛り上がっている理由

素人同士が競い合うイベントに観覧者が殺到

料理バトルを楽しむ観客で大盛況(筆者撮影)

昨年11月、東京・永田町のイベントスペースで「COOK BOSS」と名付けられた、風変わりなイベントが開かれた。

素人料理男子が繰り広げる料理バトルが大盛況

繰り広げられたのは料理バトル。かつてフジテレビで放送されていた「料理の鉄人」を彷彿とさせる内容だ。ただし、そこで料理の腕を振るったのはプロの料理人ではない。営業、事務、エンジニア、医療、クリエイティブなど本業を持ちながら趣味の料理にも情熱を注ぐ、いわゆる素人料理男子たちだ。

ワンドリンク+選手の料理が食べられる審査権が4000円。「素人料理人の対決を誰が見に来るんだ?」と思うなかれ。会場は、まさに大盛況。シングル、カップル、男性同士、女性同士などさまざまだった。

この「COOK BOSS」はamidusの主催で2016年に第1回が東京で開催され、2017年は大阪で第2回、第3回、そして今回の東京開催が第4回となった。

観客が勝敗を決める(筆者撮影)

今回の対決は、「リーデル&フーディーズ」(「RIEDEL」の料理男子を中心に高校時代の仲間で結成された料理男子チーム)vs.「Team『buono』」(枻出版社の料理男子向け雑誌『buono』の編集部チーム)。2人組のダブルスで対決し、試合時間は60分。事前に発表したテーマにおいて必要な食材をチームが持ち寄り、観客50名分の調理を行う。持ち込める仕込み食材は3品まで。そして、料理を食べた観客50名がおいしさで採点をし、コインを投票して、重さで勝者を決定する。

次ページ「料理男子」が増加している
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。