男の素人料理が密かに盛り上がっている理由

素人同士が競い合うイベントに観覧者が殺到

料理バトルを楽しむ観客で大盛況(筆者撮影)

昨年11月、東京・永田町のイベントスペースで「COOK BOSS」と名付けられた、風変わりなイベントが開かれた。

素人料理男子が繰り広げる料理バトルが大盛況

繰り広げられたのは料理バトル。かつてフジテレビで放送されていた「料理の鉄人」を彷彿とさせる内容だ。ただし、そこで料理の腕を振るったのはプロの料理人ではない。営業、事務、エンジニア、医療、クリエイティブなど本業を持ちながら趣味の料理にも情熱を注ぐ、いわゆる素人料理男子たちだ。

ワンドリンク+選手の料理が食べられる審査権が4000円。「素人料理人の対決を誰が見に来るんだ?」と思うなかれ。会場は、まさに大盛況。シングル、カップル、男性同士、女性同士などさまざまだった。

この「COOK BOSS」はamidusの主催で2016年に第1回が東京で開催され、2017年は大阪で第2回、第3回、そして今回の東京開催が第4回となった。

観客が勝敗を決める(筆者撮影)

今回の対決は、「リーデル&フーディーズ」(「RIEDEL」の料理男子を中心に高校時代の仲間で結成された料理男子チーム)vs.「Team『buono』」(枻出版社の料理男子向け雑誌『buono』の編集部チーム)。2人組のダブルスで対決し、試合時間は60分。事前に発表したテーマにおいて必要な食材をチームが持ち寄り、観客50名分の調理を行う。持ち込める仕込み食材は3品まで。そして、料理を食べた観客50名がおいしさで採点をし、コインを投票して、重さで勝者を決定する。

次ページ「料理男子」が増加している
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT