内村光良「紅白」総合司会引き寄せた3つの力

タモリ以来、34年ぶり2人目の芸人起用

内村光良さん(中央)は今年の大晦日のNHK「紅白歌合戦」で総合司会を務めます

「ほぼ同期のウッチャンが(紅白歌合戦の)総合司会やってる裏(番組)で(僕は「笑ってはいけない」でお尻を叩かれている)。ハッキリ明暗が分かれましたよね」という松本人志さんの言葉が、事の重大さを物語っています。

芸人が「NHK紅白歌合戦」の総合司会を務めるのは1983年のタモリさん以来、34年ぶり2人目の快挙。内村光良さんの起用理由は、「現在のバラエティで最も視聴率が取れる」と言われる「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でMCを務めるほか、NHKでもコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」の座長として番組をけん引してきたからと言われていますが、決してそれだけではないでしょう。

松本人志さんの強みが創造力や発想力としたら、内村光良さんの強みは総合力。つまり、さまざまなスキルを兼ね備えた総合力の持ち主だからこそ、「総合司会にふさわしい」と言えるのです。

なかでも“MC=リーダー”としての総合力は、経営者や管理職のビジネスパーソンにも参考になる3つの力から構成されています。

現代のリーダーに求められる“笑顔力”

内村さんは、今年2月に発表された「『理想の上司』ランキング」(明治安田生命発表)で、タモリさん(2位)、池上彰さん(3位)、原晋さん(4位)、所ジョージさん(5位)らを抑えて初の男性部門1位に輝きました。ちなみに、内村さんは昨年5位から4ランクアップ。それ以前の9年間はランク外だったことを踏まえると、「急速に理想の上司像へ登り詰めた」ことがわかります。

同アンケートは「なぜその人が理想の上司なのか?」という理由を「実力がある」「指導力がある」「頼もしい」「親しみやすい」「知性的・スマート」「おもしろい」「落ち着きのある」「明るい」「天才(肌)」「優しい」「熱血」「兄貴(肌)」「その他」という13個の中から選ぶことになっていました。

内村さんが選ばれた理由で多かったのは、「親しみやすい」(30.2%)、「優しい」(27.0%)。この上位2つは、3番目の「実力がある」(11.1%)と大きな差がありました。

最大理由の「親しみやすい」は、内村さんだけでなく5位までの人物イメージにも当てはまることから、「現在求められているリーダー像」であるのは明白。その点、表情のデフォルトが笑顔であり、大物でありながらどこかスキを感じさせる内村さんは、老若男女問わず親近感を感じさせるタイプのリーダーです。実際、内村さんが後輩芸人だけでなく、俳優やアイドルなどからも気軽にツッコミを入れられるシーンは少なくありません。

次ページ「親しみやすさ」や「優しい」を感じさせる理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT