上海市、2035年までに人口を2500万人に制限

「大都市病」対策を断行へ

 12月26日、中国の国務院(内閣に相当)は、2035年までに上海市の人口を2500万人に制限する方針を示した。写真は上海の住宅街。4月撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

[上海 26日 ロイター] - 中国の国務院(内閣に相当)は、2035年までに上海市の人口を2500万人に制限する方針を示した。「大都市病」と呼ばれる環境汚染や交通渋滞などの問題を解決する狙い。25日にウェブサイトで公表した。

国務院はウェブサイトで、人口管理は上海市の2017─35年の基本計画の一環で、既に承認されているとし「2035年までに、上海市の居住者数は約2500万人とし、建設用地は3200平方キロメートルを超えないこととする」と説明した。

2015年末時点の人口は2415万人

中国では、都市部の環境汚染や交通渋滞、教育や医療などの公共サービス不足の問題が「大都市病」として取り上げられている。

また、国内主要都市では住宅価格が急騰し、不動産バブルの懸念も浮上している。

新華社が昨年報じたところによると、上海市の2015年末時点の人口は2415万人だった。

上海市は、環境や史跡の保護を一段と強化する方針も示している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
イラン核合意離脱は<br>トランプ再選のため

イランの核開発を制限する核合意から、米国が離脱した。イランたたきは中東発世界不安を招きかねず、得策ではない。背景にはトランプ大統領のごくごく内向きな理由があった。