中後悠平「戦力外」から米国で甦った男の決断

3Aに昇格、日本プロ野球への復帰はあるのか

中後悠平。一度は日本プロ野球界で「戦力外」となりながらアメリカで奇跡の復活を果たした(撮影:風間 仁一郎)
18.44mを隔てた戦いは、なぜここまで人の心を揺さぶるのか――。
華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には名誉と莫大な報酬がもたらされる。一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手をドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビ「プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち」が、12月30日(土)10時から通算14回目の放送を迎える
今年の放送を控え番組にかかわるサイドストーリーの第2回は、2016年のトライアウトを経て、アメリカ球界へ渡った中後悠平投手のその後をお届けしよう。
今年の第1回はこちら⇒37歳「松坂世代」が見たプロ野球と松坂大輔

クリスマス一色に彩られた師走のある日。来季へ向けてトレーニングを続ける中後悠平(28歳)と都内で会った。

投手として渡米2シーズン目を終えた帰国後、10月に食事をしてから2カ月ぶりのことだ。

「年末の戦力外通告の番組、もうすぐ放送ですよね。今年は誰を取り上げるんですか? 僕がクビになって番組に出てからもう2年かぁ。早いなあ…」。笑顔で懐かしそうに振り返る。

「間違いなく運命が変わった」

「ホンマあれが全てですよ。野球を辞めなあかん状況から、ダイヤモンドバックス、フィリーズ、レンジャーズがホンマに僕のことを獲りに来て。間違いなく運命が変わった。ほんで自分の考え方も変われたっていうのは大きいですし、ちょっと自信持って野球できるようになりましたからね」

そして話題は、来季から海を渡り同じアメリカの地で戦う彼の話題になった。

「大谷翔平くん、エンゼルスに決まりましたね。ピッチングだけじゃなくバッティングもホンマ、えげつないっすよね。あれはバケモンっすよ(笑)」。そしてこう続ける。「日本人投手のメジャーデビュー記録が22年連続で途絶えたとか、どうでもいいじゃないですか。それはもう来年の大谷くんから、再スタートでいいんですよ。僕なんか放っといてくれていいんです」

中後悠平は海を渡り、アメリカで戦う

いつもの憎まれ口を叩いて笑う。中後は元気そうだった。

2017年シーズン当初。実は中後悠平には、日本のメディアから大きな期待が寄せられていた。それは、1995年の野茂英雄から22年間続く日本人選手のメジャーデビュー記録が続くか、途絶えるかということ。今シーズンはビッグネームのメジャー移籍がなく、その記録は必然的に、アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下でマイナー暮らしをする中後に委ねられることとなった。

ましてや、今季はメジャーリーグの招待選手扱いからのスタート。渡米1年目だった昨季のマイナーの最下層、ルーキーリーグからのスタートと比べれば、周囲が期待を寄せるのも当然のことだった。

「意識してたっていう訳ではないんですけど、メジャーキャンプスタートで、メジャーリーガーのプレーを目の前で見させてもらって、改めてそこまで来させてもらってるんやなっていう実感もありましたし、更にそこに行くためにアメリカに来てますから。抑えて当たり前というか、打たれるなんてもってのほかっていう考えで、その感覚でいってしまったんです」

実はそこに大きな落とし穴があった。

次ページ渡米2年目、思いがけない不調に
関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。