日本人が知らない「アストンマーチン」の実像

イギリスの超高級スポーツカーの歩みと強み

アストンマーティンの新グローバル・ブランドセンター「The House of Aston Martin Aoyama」(写真はアストンマーティン・ジャパン提供)

アストンマーティンが新たなショールームをオープン

東京・青山。フェラーリ、ベントレーなどを扱うコーンズ・モータースをはじめ、レクサス、テスラモーターズなどの超高級車の販売店が立ち並ぶ一等地に、イギリスの超高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンが新たなショールームを今年11月にオープンした。

「アストンマーティン東京」。アストンマーティンの日本における販売店は従来、比較的こぢんまりしていたが、敷地面積約1000平方メートルの大規模な店舗を構えた。スポーツカーの「DB11」をはじめとする車種を販売するだけでなく、「The House of Aston Martin Aoyama」(アストンマーティン青山ハウス)と呼ぶブランドセンターを併設したことだ。

アストンマーティン青山ハウスでは、独自グッズも販売(写真はアストンマーティン・ジャパン提供)

アストンマーティン青山ハウスにはヴィンテージカーが展示され、独自グッズも販売される。実はアストンマーティン・ブランドで展開しているラグジュアリー・ボートやコンドミニアムといった不動産開発事業の窓口ともなっている。

アストンマーティンAM37パワーボート(写真はアストンマーティン・ジャパン提供)

アストンマーティンの日本における販売台数は2017年で300台前後と、輸入車カテゴリに限って見ても絶対数は少ない。だが、アストンマーティンのDr. アンディ・パーマー社長兼CEOが言うように「世界第2のラグジュアリーカー・マーケットである日本は、アストンマーティンの今後の発展にとって鍵となる市場の1つ」。現在、年間5000台程度の世界販売台数のうち、「日本は10%ほどを担うポテンシャルがある」とパーマー氏は見積もる。

そんなアストンマーティンとは、どんな自動車メーカーなのか。その歴史を振り返りつつ、今後の日本における可能性を展望してみよう。

次ページ熟練されたクラフトマンシップによるハンドメード
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT