日本人が知らない「アストンマーチン」の実像

イギリスの超高級スポーツカーの歩みと強み

アストンマーティンの新グローバル・ブランドセンター「The House of Aston Martin Aoyama」(写真はアストンマーティン・ジャパン提供)

アストンマーティンが新たなショールームをオープン

東京・青山。フェラーリ、ベントレーなどを扱うコーンズ・モータースをはじめ、レクサス、テスラモーターズなどの超高級車の販売店が立ち並ぶ一等地に、イギリスの超高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンが新たなショールームを今年11月にオープンした。

「アストンマーティン東京」。アストンマーティンの日本における販売店は従来、比較的こぢんまりしていたが、敷地面積約1000平方メートルの大規模な店舗を構えた。スポーツカーの「DB11」をはじめとする車種を販売するだけでなく、「The House of Aston Martin Aoyama」(アストンマーティン青山ハウス)と呼ぶブランドセンターを併設したことだ。

アストンマーティン青山ハウスでは、独自グッズも販売(写真はアストンマーティン・ジャパン提供)

アストンマーティン青山ハウスにはヴィンテージカーが展示され、独自グッズも販売される。実はアストンマーティン・ブランドで展開しているラグジュアリー・ボートやコンドミニアムといった不動産開発事業の窓口ともなっている。

アストンマーティンAM37パワーボート(写真はアストンマーティン・ジャパン提供)

アストンマーティンの日本における販売台数は2017年で300台前後と、輸入車カテゴリに限って見ても絶対数は少ない。だが、アストンマーティンのDr. アンディ・パーマー社長兼CEOが言うように「世界第2のラグジュアリーカー・マーケットである日本は、アストンマーティンの今後の発展にとって鍵となる市場の1つ」。現在、年間5000台程度の世界販売台数のうち、「日本は10%ほどを担うポテンシャルがある」とパーマー氏は見積もる。

そんなアストンマーティンとは、どんな自動車メーカーなのか。その歴史を振り返りつつ、今後の日本における可能性を展望してみよう。

次ページ熟練されたクラフトマンシップによるハンドメード
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。