知の巨人「ジャック・アタリ」は何が凄いのか

近未来を的確に見通すためにやっていること

ワープロが誕生したとき、こんなものでいい作品が書けるかと多くの作家がそれに背を向けたが、21世紀のいまでは、原稿は手書きでないとダメだなどという人はいない。仮にまだ生息していたとしても、どこの出版社からも相手にされないだろう。

パソコンが普及してきた頃もそうだった。そもそもファイルやディレクトリといったカタカナ用語が日本人向きではないからはやるはずがないと、多くの識者と呼ばれる人が堂々と主張し、いくつかの大手メディアもそれを支持する特集を組んだ。人々はより便利なものを求めるという歴史的な事実を、彼らはまるでわかっていなかったのである。

いつの時代も年寄りは、新しいものが出てくるのを嫌う。人生の残り時間の少ない彼らは、いまさら苦労して変化に対応するより、昨日と同じ日々が明日も明後日も続いてくれたほうがいいと思っている。だが、未来の持ち時間がたっぷりある若者はそうではない。彼らが目指すところはいまよりもっと豊かな未来であって、現状維持ではないのだ。だから、技術の進化は大歓迎なのである。

そして、世の中を動かすのはいつだってそんな若者たちなのだ。

いったん暴走し始めると歯止めが利かなくなるリスク

『2030年 ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

もちろん、テクノロジーの発達には危険な側面もある。

無秩序にAI開発を続ければ、AIが自己増殖を始め人間がそれらを制御できなくなって、映画『ターミネーター』のようなことが起こる可能性はまったくゼロではない。行きすぎた遺伝子操作が生命倫理を損ねることも考えられる。

そういうことが起こらないよう、これまでは西欧先進国がきちんと監視の目を光らせてきた。ところが、最近は中国、ロシア、中東、北朝鮮といった国も、最先端技術を手に入れたり、自ら開発したりできるようになってきている。そういう国は西欧諸国とは異なるルールで動いているので、いったん暴走し始めると歯止めが利かなくなるかもしれない。

彼らにどうやって利他の精神や、世界を救うことを第一に考えさせればいいのか、ジャック・アタリにぜひ聞いてみたいところだ。

(構成:山口雅之)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。