被災地から世界へ羽ばたくマリオネットの命

自分で動かす子どもたちに笑顔が広がる

子どもたちの笑顔が活動の原動力に
さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。

命を吹き込んだマリオネット「実際に動かしてみて」

本記事はGARDEN Journalism(運営会社:株式会社GARDEN)の提供記事です

2017年11月2日現在で、計61体のマリオネット(操り人形)を被災地の子どもたちに届けてきたオレンジパフェさん。「被災地のために何かできることはないか」と、1人で活動を始めて1年半超が経過。子どもたちの笑顔が活動の原動力となっています。

「どこの園に行っても、子どもたちがみんないい表情をして喜んでくれて。もちろん先生も。そういうのを見ると、やっぱりやっていてよかったなといつも思います」

次ページシリア難民の子どもたちの元へも
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。