フィギュアNHK杯、女子は宮原5位・本郷7位

男子では友野一希が7位

 11月11日、フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦、NHK杯の女子フリー、宮原知子はショートプログラムと同じく6位となり、合計191.80点で5位だった(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[11日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は11日、大阪市中央体育館で競技を行い、女子フリーでは、宮原知子がショートプログラム(SP)と同じく6位となり、合計191.80点で5位だった。

SP4位の本郷理華はフリーで7位となり、合計187.83点で7位。白岩優奈は171.94点で8位。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が224.39点で優勝した。

男子では、SP6位の友野一希がフリーで7位となり、合計231.93点で7位。佐藤洸彬は199.20点で11位。セルゲイ・ボロノフ(ロシア)が271.12点で優勝を果たした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT