フィギュアNHK杯、女子は宮原5位・本郷7位

男子では友野一希が7位

 11月11日、フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦、NHK杯の女子フリー、宮原知子はショートプログラムと同じく6位となり、合計191.80点で5位だった(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[11日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は11日、大阪市中央体育館で競技を行い、女子フリーでは、宮原知子がショートプログラム(SP)と同じく6位となり、合計191.80点で5位だった。

SP4位の本郷理華はフリーで7位となり、合計187.83点で7位。白岩優奈は171.94点で8位。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が224.39点で優勝した。

男子では、SP6位の友野一希がフリーで7位となり、合計231.93点で7位。佐藤洸彬は199.20点で11位。セルゲイ・ボロノフ(ロシア)が271.12点で優勝を果たした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT