フィギュアNHK杯、女子は宮原5位・本郷7位

男子では友野一希が7位

 11月11日、フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦、NHK杯の女子フリー、宮原知子はショートプログラムと同じく6位となり、合計191.80点で5位だった(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[11日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は11日、大阪市中央体育館で競技を行い、女子フリーでは、宮原知子がショートプログラム(SP)と同じく6位となり、合計191.80点で5位だった。

SP4位の本郷理華はフリーで7位となり、合計187.83点で7位。白岩優奈は171.94点で8位。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が224.39点で優勝した。

男子では、SP6位の友野一希がフリーで7位となり、合計231.93点で7位。佐藤洸彬は199.20点で11位。セルゲイ・ボロノフ(ロシア)が271.12点で優勝を果たした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。