iPhoneX、「操作性への懸念」は払拭できるか

気になる"使い勝手"をチェックしてみた

白と黒がくっきりと表示される「iPhone X」の有機ELディスプレー。FacebookアプリはiPhone Xに対応しているため、キーボードのレイアウトも打ちやすい(筆者撮影)

米カリフォルニア州クパチーノのアップル新社屋にあるSteve Jobs Theaterのこけら落としとして開催されたiPhone 8シリーズ、およびiPhone Xの発表会から2カ月近く。いよいよ、11月3日に“iPhoneの新たな10年”を開拓するために開発されたiPhone Xが発売される。

すでに開始されたネット予約は、各キャリア、アップルストアとも、一時的につながりにくくなるなど、熱心なiPhoneファンが殺到したようだ。11月3日にはアップルストアの店頭にて予約のない顧客にも先着での販売を予告していることから、開店前の行列もできることだろう。

すでに製品概要については発表会で語られており、東洋経済オンラインでは松村太郎氏によるレビュー(iPhoneX最速レビュー、使って分かった超進化)も掲載している。そのため、この記事ではすでに発売されているiPhone 8シリーズをなぞりながら、iPhone XとiPhone 8シリーズで心揺れ動いている読者向けに、筆者が感じた“選択のポイント”にフォーカスを当てて記事を進めたい。

新しいiPhoneの基本形を模索したモデル

以前、発表会のレポート(iPhone Xが「記念碑的モデル」といえるワケ)で筆者は「iPhone 8シリーズは初代から続くiPhoneの系譜を引き継ぐ正当後継モデル」「iPhone Xはさまざまな制約やルールをいったんリセットし、新しいiPhoneの基本形を模索したモデル」と紹介した。

実際、iPhone 8シリーズとiPhone Xは使用されるプロセッサー(CPU、GPU)が同じばかりでなく、カメラに使われるセンサーや信号処理プロセッサーも同等で、(iPhone 8 Plusに比べ)望遠側のレンズや手ブレ補正といった違いはあるものの、基本プラットフォームは共通だ。

では、何がiPhone 8シリーズと異なるのだろうか。

次ページ何がiPhone 8シリーズと異なるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT