フィギュア、宇野選手が男子SPで首位発進

スケートカナダ、無良は74.82点で8位

 10月27日、フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダの男子SPで宇野昌磨が103.62点をマークして首位発進した(2017年 ロイター/Sergei Belski-USA TODAY Sports)

[27日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日、カナダのレジャイナで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨が103.62点をマークして首位発進した。

無良崇人は74.82点で8位だった。

パトリック・チャン(カナダ)が94.43点で2位、ジェーソン・ブラウン(米国)が90.71点で3位につけた。

女子SPでは本郷理華が61.60点で6位、本田真凛は52.60点で10位となった。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が76.06点で首位スタートを切った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT