「恋愛未経験の社会人」がすぐにやるべきこと

コミュニケーション能力は誰でも上げられる

「でも、まったくうまくいきませんでした。お見合いは通過するんです。会って1時間くらいなら相手と楽しく話をすることができる。ところが、お付き合いに進展して、2~3度食事をしていくうちに断られてしまう。今思えば、あの頃の僕は、女性と表面的な話しかしていなかった。自分の感情を見せるのが恥ずかしかったし、見せて振られたらもっと恥ずかしい。当たり障りのない会話しかしないから、会っていくうちに話題が尽きてくる。女性は僕に人間的な厚みを感じなかっただろうし、男として魅力的ではなかったのだと思います」

今の巌だから言える言葉だ。

損得感情なしにまずは与えないと、人は動かない

そんな巌が大きく変わるきっかけは、会社の管理職研修でコミュニケーションスキルを学んだことにあった。

「外部から講師の先生がきて、部下を育てるにはどうしたらいいのか、人を動かすミュニケーションスキルを上げるための講座でした。中でも自分がいちばん腑に落ちたのは、ギブ・アンド・テイクという言葉の意味。テイク・アンド・ギブではないんです。まずは与えるところから始めないと人は動かない。それも損得感情を考えていては、人の心は動かせない。これって、ビジネスだけではなく恋愛でもそうだと思ったんですよ。それまでの僕は、自分が傷つくのが嫌だとか、この人と付き合って何の得になるんだろうとか、そんなことばかりを考えていた。女性に本当にモテる人って、男からも人気がある。それは損得感情なしに、人に優しさや思いやりを与えられる人だからなんですよね」

もう1つこの講座から学んだこと。それは、コミュニケーション能力が生まれながらに高い人もいるが、スキルを学ぶことによってもコミュニケーション能力を高めることができるということだ。この講座を受けて、自分が変わったのが実感できたという。そこで、もう1度本格的に婚活をしてみたくなり、私を訪ねてきた。

巌は半年間で、20回近いお見合いをした。相手からお断りをされると、「その理由を聞いてほしい」と言っていたので、断られたお見合いに関しては相手の相談室にその原因を聞き、巌にフィードバックした。

中には、「いい人なのはわかるが、男の人として好きになれないと思った」「気が利きすぎるので、それがかえって重荷」「いい年をして幼稚なLINEのスタンプを多用する」など、彼に非があるというよりも、単に好みの違い(わがまま?)ではないかという理由もあったが、それが男女の相性であり縁なのだろう。

男と女は凸と凹で、あきらめることなく前向きな気持ちで出会い続けていれば、パズルのように必ず合うピースを見つけることができる。

巌は活動して半年後、今の妻である千恵(35歳、仮名)に出会い、3カ月の交際を経て、成婚退会していった。

巌はしみじみと言った。

「昔の僕は、自分の気持ちをいつも抑え込んでいました。寂しくても、そういうことは言っちゃいけないから黙っていよう。不愉快でも、不平不満は言わない。それで余計な摩擦を生んだら、自分が疲れるだけだから、と。だけど、こちらが本音を見せないと、相手も心を開いてくれない。今思えば恋愛本に書いてあったテクニックは、お見合いを通過させるには有効だったけれど、そこからの関係を育てていくには、何の役にも立たなかった。恋愛や結婚にとっていちばん大事なのは相手を大切に思うこと、そして相手のいいところも悪いところも、すべてを受け入れることではないでしょうか」

何十回とお見合いしても結婚できない人たちは、見合い相手にダメ出しばかりしていないだろうか。目の前の相手には、まずは自分が何を与えられるのかを考えてみてほしい。巌が気づいたようにギブ・アンド・テイクの精神を忘れないでいてほしい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング