「恋愛未経験の社会人」がすぐにやるべきこと

コミュニケーション能力は誰でも上げられる

まず恋愛を敬遠するようになった理由が育ってきた環境にあると、巌は幼少期を振り返った。

「そもそも両親が人付き合いが苦手。幼稚園の頃、団地に住んでいたんですが、母親が近所付き合いをしているのを見たことがない。父親にはゴルフ仲間がいたけれど、それも接待ゴルフをする関係。一時期社宅住まいをしたこともあって、よそは家族ぐるみでバーベキューをしたりキャンプに行ったりしていましたが、ウチはそれに参加したことがなかった」

父親は転勤族だったので、転校も多かった。小学校2年生から3年生の進級時と4年生から5年生の進級時、中学は各学年で転校し、3つの小学校と3つの中学校に通っている。

「人付き合いが苦手なのに、転校は大変? いや、逆にそれが幸いでした。転校生って珍しがられるので、こっちから話しかけなくてもなんとなく友達ができるんです。僕が失言して仲間外れにされたとしても、転校して新しいところに行けば、人間関係がリセットされるし」

また小中時代は、学校が終われば真っすぐ家に帰ってきて、外に遊びに行くこともなかった。

「クラスでも部活でも薄い友達付き合い。そもそも友達と一緒にいると気疲れするので、出掛けるにしても1人でぶらぶらしていたほうが気が楽でしたね」

高校は都内の私立進学校に入学した。父親の転勤は続いていたが親戚の家に下宿をし、高校は3年間通いとおした。

「男子校だったので、男だらけの世界。クラスに行けば話す人はいたけれど、家に帰ってまで付き合う人はいなかった。校則も厳しくて、喫茶店やゲーセンの出入りは禁止、たばこが見つかったら退学、学業に励むべし。それを守っていると、自然に学校と家の往復になる。たまに本屋に寄ったりもするけれど、塾のある日は塾に行って、帰ってきたらご飯を食べて寝る。クラスには、彼女をつくったり、クラブに行ったりする人もいたけれど、そこは僕には関係のない世界だと割り切っていました」

異性に興味がなかったわけではない

そうかといって、異性に興味がなかったわけではない。

「人並みに女の子は気になっていましたよ。中学生の頃から、近づきたいという気持ちもありました。でも、声をかけても断られるかもしれない。周りに冷やかされるかもしれない。そのリスクを冒してまで、女の子と付き合いたいとは思わなかった」

とはいえ、思春期になれば性欲も出てくるのものだが……。

「それも人並みにありました(笑)。普通ならば、それが生身の女性に向かっていくんでしょうけど、そんな勇気はない。ただ欲望を満たすことなら、いくらでもできるじゃないですか。そこは本やビデオのお世話になっていました」

今やネットをググれば、いくらでもエロ動画を無料で見ることができるが、巌の中高校時代は、性欲を満たす道具はもっぱらエロ本だった。

「最初は本屋に行ってエロ本のコーナーに近づくのもドキドキしたし、手に取ってレジに持っていくのは勇気がいりました。だけど、何回かやっていくうちに慣れてくる。あとは、公園のゴミ箱にたまにエロ本が落ちているんで、そんなのを拾ったり(笑)」

次ページ恋愛弱者には、不利な時代
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング