環境汚染が原因で年900万人も死亡している

インドが最多=研究報告

 10月19日、医学雑誌ランセットに掲載された最新の研究で、2015年に環境汚染が原因で死亡した人は900万人に上ったことが明らかになった。写真は昨年10月ニューデリーで撮影(2017年 ロイター/Adnan Abidi)

[ロンドン 19日 トムソン・ロイター財団] - 医学雑誌ランセットに掲載された最新の研究で、2015年に環境汚染が原因で死亡した人は900万人で、AIDSや結核、マラリアを合わせた死者数の3倍に上ったことが明らかになった。

この問題に2年にわたって取り組み、世界各国の40人の研究者がが参加した「汚染と健康に関するランセット委員会」の研究報告によると、汚染が原因で早死にする人が最も多かったのはインドで250万人、次いで中国の180万人だった。

また、全世界の死亡のうち6分の1が汚染に原因があり、その大部分は発展途上国が占めていたという。

執筆者の一人は「グローバリゼーションに伴い、鉱業や製造業が貧しい国にシフトしており、それらの国では環境規制が緩いことが多い」と指摘した。

高レベルの汚染に長期間さらされると、呼吸器や炎症系に悪影響を及ぼし、心臓や肺の疾患につながるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。