鉄道工事の鉄建、21年ぶり最高純益の舞台裏

長崎新幹線の現場を支えるゼネコンの正体

今回、記者が取材に訪れた諫早駅付近に建設中の栄田高架橋は、総延長の6割以上がトンネルを走る長崎新幹線において、在来線と並走する数少ない区間だ。

列車が工事現場スレスレを並走しており、見張り役が通過列車に対して毎回合図をしないと、運転手が危険と判断して列車を止めてしまう。さらに在来線に影響が出ないよう、橋脚部分の工事は終電から始発までの時間に限られる。

株価は足踏み状態

現在の長崎駅。在来線・新幹線共に高架化される予定だ。右側は建設中の高架の橋脚(記者撮影)

終点である長崎駅周辺の線路高架化工事では、用地が狭いため一度仮線路を敷設して車両を移し、空いた土地に高架橋を建設する。こちらも運行中の在来線と隣り合わせの工事だ。

長崎駅は留置所の役割も兼ねるため、それを支える高架橋のサイズも巨大だ。駅付近では新幹線、在来線、そして留置線がそろい踏みし、それを最大で幅38メートル、線路8本分もの橋桁が出現する。巨大な橋の超重量に耐えるべく、橋脚内部の鉄筋がさながら知恵の輪のように絡み合う姿は、熟練した職人をもうならせる。

こうした強みを持つ鉄建だが、株価は2014年に5000円台を付けてから、2017年は3000円台と足踏み状態。10月18日の終値でも3520円にとどまる(2017年9月末に10株を1株に併合)。営業利益率も今期の見通しで3.6%程度、上場する建設会社の平均営業利益率6.7%(『会社四季報2017年第4集』)を下回っており、株価も業績もまだ伸び代を抱えている。

これから本格化するリニア新幹線の工事も控える中、今後も業績を伸ばし続けることができるか。日本の大動脈の建設という重責を担う同社に引き続き注目だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT