フェイスブックが「tbh」を買収した理由

若者に人気のアプリ、利用者層拡大目指す

 10月16日、米交流サイト大手フェイスブックは、若者に人気のアプリ「tbh」を買収した。利用者拡大が狙い。具体的な金額は公表していない。写真はフェイスブックのロゴ。2月にフランスで撮影(2017年 ロイター/Regis Duvignau)

[16日 ロイター] - 米交流サイト大手フェイスブック<FB.O>は、若者に人気のアプリ「tbh」を買収した。利用者拡大が狙い。具体的な金額は公表していない。

「tbh」は「To be Honest(正直に言うと)」の頭文字で、友人に関するさまざまな質問に匿名で答えると、投票結果としてほめ言葉がその友人に伝えられるというもの。

tbhは16日、過去数週間で500万人以上がアプリをダウンロードし、10億件以上のメッセージがやり取りされたと明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。