「親から虐待」の傷は、大人になっても深刻だ

食事は床に置かれ、母は「口で食え」と言った

ママは私の髪を引っ張って「ギャーギャーうるせぇよ、汚い顔して泣きやがって黙れ」って床に顔を押しつぶした。

私がジュースをこぼしたり、きちんとフォークやスプーンが使えないとビンタ。パパが「なんで使えないの? 犬か? だったらこうやって喰え」。

髪の毛を引っ張ってお皿に顔を押しつけて食べさせられた。ママは「笑える。ワンって言ってみな」って髪の毛を引っ張って頬をつねる。痛くて怖くて早く辞めてほしくて「ワン」って言ったら、「コイツ、ワンって言ったよ」と笑う二人。

それから私の食事は床に置かれた。スプーンやフォークは渡されず、手づかみで食べようとするとパパが殴る。ママは「おまえは犬。口で喰え」。髪の毛を引っ張られて、お皿に顔を押し当てられた。顔のまわりや服も汚れてしまう。ママが「汚ねぇな、しかも臭せぇし」って私の髪を引っ張ってお風呂場に連れて行き、冷たい水のシャワーで私の髪を濡らした。

寒くて「やめて」って叫ぶと、ママは「うるせぇよ」ってお風呂に私の顔を沈めた。苦しくてもがいて顔を上げ、泣き声を出したらまた沈められ、「おまえは臭い。汚いんだよ。きれいにしてやってるんだ。ありがたいと思えよ、クソが」。

どれくらい経ったのかな。意識を失っていて、気がつくと親戚のおばさんの顔が目の前に。あまりにも悲痛な子どもの叫びが響き渡り、ご近所の人が警察を呼んでくれた。叔母(おばあちゃんの妹)が駆けつけてくれて、なかなか家に入れようとしない両親を振りきり、私を探し回り、見つけて愕然としたそうです。

泣き声を出さないようになった

こんなことがあってもパパとママは逮捕されず、一層私を殴るようになった。大きな声で泣けば、もっと強く殴る、蹴る。私に声を上げさせないために。

だから、殴られても蹴られても泣き声を出さないようになった。大人になった今も、悔しかったり、かなしかったりすると手を噛む。声を出して泣けない。鏡を見ると自分の顔が汚い。パパとママが「おまえの顔は汚い」って言う声が、今も聞こえる。

こんな日もあった。私を置いてどこかでお酒を飲んできたパパとママは上機嫌。いつもは「あっち行け。目障りだ。視界に入ってくるな」って言われるのに、2人に初めて「こっち来い」って言われてうれしかったから、そばに行ったの。

パパが「おまえも吸ってみろ」って私の口にタバコを押し当て、煙が嫌で気持ち悪くて咳き込んだら、二人は「はい残念。ダメでした~」って笑った。

「怒られる。殴られる」って思ってたから、パパとママが笑ってくれたこと、うれしかったんだよ。でも、ママは突然、私の腕にタバコを押し当てた。「ギャー!」って悲鳴を上げたら、ケラケラ笑い転げたね。

この時の跡、残ってるの。20年以上も経ってるのに。見るたびに思い出す。苦しくて怖くて痛くて、発作が起きるの。発作の間、あのケラケラ笑った声が頭から離れない。

次ページ早く私を解放して
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。