三菱MRJ、“チラ見せ"の意図

飛行試験用の機体構造部位、報道陣に公開

画像を拡大
MRJの構造図

08年に本格的な開発に着手した当初、三菱航空機は11年の初飛行(=飛行試験開始)、13年の納入開始を計画。その後、2度の変更を余儀なくされ、今年秋にようやく初飛行を迎えるはずだった。

しかし、全体を取りまとめる開発企業としての経験・ノウハウがないため、エンジン、航空電子機器類など海外装備品サプライヤーとの間で安全性証明手続きの確定にも手間取り、今年8月に初飛行を15年、納入開始を17年へと再々延期。度重なるスケジュール変更に、プロジェクトに対する不安の声も強まっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT