日本流「ホーム乗車位置」は英国で根付くのか

なぜか不満の利用者も…その理由は?

そのような点から、地下鉄であれば乗車位置目標を定めやすいともいえるが、1つ言及しておかなければならないのが「自動運転装置」の存在である。

意外と知られていないが、今回ホームに乗車位置目標のペイントが施されたビクトリア線は、世界初の自動運転装置(ATO)を実用化した鉄道だ。1969年の公式開業式典では、若かりし日のエリザベス女王が記念列車の運転室に添乗し、発車ボタンを押してグリーンパーク駅からオックスフォードサーカス駅までの1区間だけ走行した。

現在も同線では、運転士は原則的には前方の監視およびドア操作のためだけに乗車しており、ドアの確認が終わったら発車ボタンを押すだけである。電車は、発車するとまるで横へ移動するエレベーターのごとく、正確に次の駅の停止位置に停車するわけだ。同線に乗車位置目標を最初に導入した理由は、こんなところにもあるといえるだろう。

なお、現在はロンドン地下鉄で最も新しいジュビリー線や、セントラル線にも自動運転装置が導入され、ジュビリー線の一部区間にはホームドアも設置されている。信号システムの更新が完了すれば、いずれロンドン地下鉄の全路線に導入していく計画だ。

写真中央のやや右側、黄色と黒のライン入りで示された「S7」の表示が、左側に写るS型車両7両編成の停車位置目標。だが、列車は2m以上も手前に停車している。このような誤差は日常茶飯事だ(筆者撮影)

手動運転だからといって大きく停車位置が外れることはないだろう、という反論もあろう。しかしそう考えるのは早計で、手動で運転している他の路線を観察していると、実は運転士によって停車する位置はかなりまちまちなのがわかる。

前述のとおり、そもそも運転士が目安とする停止位置目標も「だいたいこの辺」という程度のもの。いくらホームの長さが限られた地下鉄でも、1mくらい前後するのは日常茶飯事だ。いかに日本の鉄道の運転士が、正確無比に運転しているかがわかるだろう。

乗車位置表示に不満の理由とは?

このキングスクロス・セントパンクラス駅の乗車位置目標表示については、とある利用者がソーシャルメディアを通して不満をこぼしたことも話題となっている。いったい何が不満なのだろうか。

実はこの利用者は、普段、列車が停車する場所を覚えており、これまでもホームにある備品などを目印に、ドアが目の前に来る位置を予測して、つねに列の先頭で乗車することができていた。それが、乗車位置目標が表示されるようになって以来、他の人たちにもドアの位置がわかるようになったため、優位性が薄れてしまったというのだ。

まるで自分のテリトリーが侵されている、とでも言いたげで、少々自分勝手な話にも聞こえるが、確かにこれまで自分だけが知る秘密の情報だったものをばらされたような悔しい気分になるという、その気持ちもわからないではない。

次ページ欧州で「乗車位置」が習慣化しなかったワケ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。