日本流「ホーム乗車位置」は英国で根付くのか

なぜか不満の利用者も…その理由は?

ビクトリア線キングスクロス・セントパンクラス駅にお目見えした、乗車位置目標を示す緑色のペイント。欧州では珍しい試みだ(筆者撮影)

ロンドン中心部を縦貫する地下鉄ビクトリア線。1969年に開業した同線は、ロンドン地下鉄では2番目に新しい路線として知られ、同地下鉄の中では長い8両編成の列車が、ラッシュ時には数分おきに行き交う。

そのビクトリア線キングスクロス・セントパンクラス駅のプラットホーム上に、最近になって緑色のペイントが施されたことが注目を集めている。これはドア位置を示すもので、緑色のペイントがある所へ立てば、ちょうどドアが目の前に来る、というものである。なんのことはない、つまりは「乗車位置目標」である。日本人の感覚からすれば珍しくもない。だから何なのだ、という話である。

欧州の駅に「乗車位置」はない

だが、イギリスを含む欧州の事情をよくご存じの人ならば、まさかドア位置を示す表示が欧州にも誕生するとは、と驚くかもしれない。日本のように、乗車位置をきちんと定める文化そのものが欧州にはなく、乗客はみなプラットホームの思い思いの適当な場所に立ち、列車が到着すればドアへ向けて移動するのが一般的だからだ。

では、欧州では列車は毎回違う場所に停車するのかといえば、そうでもない。適当なように見えて、英国や欧州大陸でも、停車位置がまったく定まっていないということは少ない。日本のように停止位置目標から誤差±十数cm以内に停車するのが当たり前ではないだけで、プラットホームのだいたいこの辺に停まる、という目安は決まっている。

次ページ停車位置の「目安」は決まっている
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT