就活生が選ぶ「面接官の印象がよい会社」43社

文系1位は損保ジャパン、理系1位は野村総研

「面接官の印象がよかった会社」で文系1位に輝いたのは、損害保険ジャパン日本興亜だ (撮影:今井康一)

就職活動の最大のヤマ場は面接だ。企業が学生を選考する場の一方、学生が志望企業を絞り込むプロセスでもある。

HR総研が今年6月に楽天「みんなの就職活動日記」と共同で行ったアンケート調査によれば、「面接官の印象が志望度に影響した」のは、文系で93%、理系で86%にのぼる。昨今の新卒採用市場は空前の売り手市場であり、企業が採用で成功するためには面接で学生に良い印象を持ってもらう必要がある。

文系上位は銀行、損保、航空、旅行​​​​

ではそうした面接で「面接官の印象がよかった会社」はどこか? 同調査では就活生にその1社を選んでもらっている。その結果が「面接官の印象がよかった会社」ランキングで、文系学生、理系学生ごとに集計している。

文系で目立つのは、銀行、損保、航空、旅行系の企業だ。1位は損害保険ジャパン日本興亜で、2位みずほフィナンシャルグループ、3位三菱東京UFJ銀行と続く。

4大銀行は11位までに全社顔を揃え、損保は損害保険ジャパン日本興亜のほかに、7位東京海上日動火災保険、18位三井住友海上火災保険らが入っている。航空では6位日本航空(JAL)、7位全日本空輸(ANA)がランクイン。旅行系では4位JTBグループと19位近畿日本ツーリスト(KNT)がランキング入りしている。

次ページ理系上位は総研・コンサル系
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT