就活生が選ぶ「面接官の印象がよい会社」43社

文系1位は損保ジャパン、理系1位は野村総研

「面接官の印象がよかった会社」で文系1位に輝いたのは、損害保険ジャパン日本興亜だ (撮影:今井康一)

就職活動の最大のヤマ場は面接だ。企業が学生を選考する場の一方、学生が志望企業を絞り込むプロセスでもある。

HR総研が今年6月に楽天「みんなの就職活動日記」と共同で行ったアンケート調査によれば、「面接官の印象が志望度に影響した」のは、文系で93%、理系で86%にのぼる。昨今の新卒採用市場は空前の売り手市場であり、企業が採用で成功するためには面接で学生に良い印象を持ってもらう必要がある。

文系上位は銀行、損保、航空、旅行​​​​

ではそうした面接で「面接官の印象がよかった会社」はどこか? 同調査では就活生にその1社を選んでもらっている。その結果が「面接官の印象がよかった会社」ランキングで、文系学生、理系学生ごとに集計している。

文系で目立つのは、銀行、損保、航空、旅行系の企業だ。1位は損害保険ジャパン日本興亜で、2位みずほフィナンシャルグループ、3位三菱東京UFJ銀行と続く。

4大銀行は11位までに全社顔を揃え、損保は損害保険ジャパン日本興亜のほかに、7位東京海上日動火災保険、18位三井住友海上火災保険らが入っている。航空では6位日本航空(JAL)、7位全日本空輸(ANA)がランクイン。旅行系では4位JTBグループと19位近畿日本ツーリスト(KNT)がランキング入りしている。

次ページ理系上位は総研・コンサル系
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT